駒澤大学 大学案内2017
110/156

学 業CAMPUS LIFE01時間割があらかじめ決まっている高校とは違い、大学では自分で時間割を組み立てていきます。自由である半面、「自分は何に興味があるか」「どんなことを学びたいか」をしっかり意識する必要があります。講義の内容に加えて、課外活動やアルバイトとの兼ね合いなど、時間の配分も考えなければなりません。留学をする予定なら、年次ごとの単位の取り方にも工夫が必要となるでしょう。時間割を決めることは、学生生活全体を見通して、学びをデザインすることなのです。学びをデザインする大学の科目は、大きく、専門教育科目と全学共通科目に分けられます。前者は各学部・学科ごとの学問を追求するもの、後者はそれを支える教養と幅広い視野を養うものです。全学共通科目でどっしりとした基礎を築くことにより、高度な専門性の修得が可能になるのです。専門教育科目と全学共通科目おもしろそうな講義を選ぶのが基本ですが、手当たり次第に履修するのは考えものです。時間割を詰め込みすぎて、疲れてしまっては元も子もありません。成績評価の仕方も、レポートを重視するか、試験を重視するかは、先生によって異なります。シラバスをよく読み、総合的な視点で判断しましょう。講義の選び方駒澤大学では、全学生がインターネット履修登録システム「KONECO」を利用します。履修登録の申し込みや履修した講義の確認、シラバスの検索、成績や単位の修得情報、休講や補講などのお知らせまで、パソコンやスマートフォンで確認することができます。インターネットで履修登録専門教育科目全学共通科目宗教教育科目保健体育科目外国語科目教養教育科目駒澤大学では、新入生が「大学の学び」へとスムーズに移行できるよう、新入生セミナー(初年次教育)を実施しています。新入生セミナーP.016P.020専門教育科目大学の講義のしくみはちょっと複雑です。履修や単位に関する疑問や悩みは、私たち教務部に相談してください。職員のひとこと気になる講義は検索してみよう!109

元のページ 

page 110

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です