青森県立保健大学 大学案内2019
34/72

□在籍学生数 223名(男47名、女176名)平成30年4月1日現在社会福祉学科 社会福祉学科は、現代社会の動向を的確に認識し、生活主体者としての人間の尊厳を深く理解し、地域社会の中で様々な生活上の困難を抱えた人に対して支援できる高度な専門職としての人材を育成する使命を持つものであり、そのために社会福祉に対する情熱を持ち、他者の立場を考え、約束を守り、相手とコミュニケーションのとれる学生を求めます。社会福祉学科 アドミッション・ポリシー入学するまでに身につけていてほしい力卒業する時点で身につけている力1.自らを高める力2.専門的知識に根差した実践力3.創造力4.統合的実践力在学中、これらの力を身につけるためのカリキュラム○物事に対する深い理解力とグローバルな視野を持つために幅広い教養を身につけ、豊かな人間性をもとに多様な考え方を受け入れることのできる能力を有する。○自律して学習を組み立て、適切に探求でき、これを自己の成長につなげることができる能力を有する。○こころを開いて相手に接し、相手を理解し、自らの考えや気持ちを適切に表現し相手に伝えることができる。○個人と社会について専門的知識を習得し、理論と実践から成る社会福祉の構造と機能をその理念とともに理解する。地域社会の特性や課題を理解し、人々や地域のニーズを的確に把握できる。○生活支援に関する制度や政策を分析すること、ならびに援助技術や適用を主体的に判断できる能力を持つ。○人間の尊厳に対する理解と人権を尊重・擁護する倫理観を持ち、対象者の自己決定を尊重した支援を実践できる。○対象者の生活の質の向上に向けて、ソーシャルワーク実践の専門的知識と技術を応用する。○多様な福祉課題に対応できる論理的思考と問題解決能力を持ち、地域社会で生じる新たな福祉ニーズを自ら発見し、政策について考察できる。 ○社会福祉学に寄与する知見を発信し、ソーシャルワークの発展に貢献できる。○保健、医療及び福祉の多職種や多機関が連携・協調するために必要なコミュニケ―ション能力、メンバー・リーダーシップを持ち、健康的な地域の創造に向け、対象を中心としたチームアプローチができる実践力を持つ。社会福祉学科ディプロマ・ポリシー※詳しくは 35・36頁 参照※詳しくは 12頁 参照⑴ 高等学校で履修する国語、地歴・公民などの内容が、大学の授業の土台になるためにしっかりと学習されている人。⑵ 仲間や他人、親、兄弟姉妹などとの人間関係において常に相手の立場を考えられるような柔軟性・社会性を有している人。⑶ 人間の尊厳を深く理解し、様々な生活困難を抱えた人に対して支援する立場の人間として、相手と友好性・協調性を持って信頼関係を結べる人。⑷ 自分の意見を表明しながら、相手との約束をしっかり守り、自分の考えや行動に責任を持てる人。⑸ 周囲の人と良好な関係を保つために、コミュニケーションをとることができ、状況認識ができる人。取得可能な資格 専門的知識・技術をもって、福祉に関する相談に応じ、助言・指導・福祉サービスを提供します。また、医師や保健医療サービス提供者との連絡や調整等の援助も行います。社会福祉士 精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。業務の具体的な内容は社会福祉士と共通しています。特に精神障害者の社会復帰について、相談・援助を行います。※精神保健福祉士は選択制となっており、定員は概ね20名です。国家試験受験資格県・市町村の福祉事務所、児童相談所 など精神保健福祉士国家試験受験資格青森県立保健大学の合格率(平成30年3月)79.2%社会福祉士国家試験合格率100%精神保健福祉士国家試験合格率就職率社会福祉学科の就職率(平成30年3月現在)全国の新卒者合格率(福祉系大学等分)54.6%全国の新卒者合格率(福祉系大学等分)76.9%大学院等へ進学精神保健福祉士として公務員として■精神科病院(相談職) ■障害者支援施設(相談職)社会福祉士として■高齢者施設(相談職) ■障害者支援施設(相談職・支援職)■病院(相談職) ■児童福祉施設(指導員)卒業後活躍できる進路※詳しくは 63頁 参照新卒受験者50名以上の全国(54校中)第2位98.1%33

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る