青森県立保健大学 大学案内2019
12/72

ヒューマンケアの担い手を育む青い森のカリキュラム。平成30年度より新カリキュラムスタート!若木は人々の健康に寄与できるような立派な木になろうと希望を抱いています。素敵な木になるためには、豊かな「土」に栄養を吸い上げるための「根」を十分に張り巡らさなければなりません。葉に栄養を運ぶ、力強くしなやかな「幹と枝」も必要です。茂らせた「葉」は自らに栄養を運び、木は美しく育っていきます。それぞれの木たちがつながりあうことで豊かな「森」になります。そして、最終的に「森」は「土」をより豊かにします。根を強くするのは「自らを高める力」、幹を太くするのは「専門的知識に根差した実践力」、葉を青々と茂らせるのは「創造力」、森を豊かにするのは「統合的実践力」。これら4つの力を身につけるために青森県立保健大学での学びがあります。そして、皆さんに栄養を運び、皆さんからの栄養で豊かになる「土」は、ここ青森の地域、そして日本、世界です。これがヒューマンケアの担い手を育む「青い森のカリキュラム」のイメージです。可能性に満ちた1本の若木を思い浮かべてください。若木は皆さんです。ヒューマンケアの担い手を育む可能性に満ちた1本の若木を思い浮かべてください。身につける4つの力青森県立保健大学で「4つの力」を身につける。カリキュラムをイメージしたロゴです。4つの学科が人々の健康に寄与するという同じ“根”を持ち、つながっていること、地域という土から栄養を得て豊かな森を育むことを示しています。11

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る