青森県立保健大学 大学案内2019
11/72

「イントロダクション」私がこの大学を選んだ理由10ちばこさちちいしかわかのだいしこうせい北海道登別明日中等教育学校 卒業 社会福祉学科 2年宇野 明日真さん 1年生の前期から4学科合同の講義があり、他学科の人と交流する機会が多くあります。そのため専門分野のみならず多職種の考え方や知識が身に付き、それらを将来働いたときに活かしていくことができると感じました。また、国家試験合格率が高いことから本学を志望しました。 本学の魅力は、学生数に対して教員数が多く、一人一人が分かるまで教えてもらえます。先輩方も優しく、何でも相談できる温かい雰囲気があります。学生達は皆努力家で、同じ専門職を目指す者同士で高めあっていくことができるのも魅力の一つです。また、本学では専門知識だけではなくヒューマンケアについても学ぶことができるため、人を思いやることができる管理栄養士になれると思います。将来に役立つ4学科合同講義と高い国家試験合格率!青森県立田名部高等学校 卒業  栄養学科 2年石川 知嘉乃さん「連携」を早い段階から意識できる 「チーム医療」と言われるように、今日の保健・医療・福祉の分野では「連携」の重要性が増しています。他分野も含めた横断的な理解が必要とされる中、大学内で4学科が合同で講義を行い、それぞれの専門領域の力を活かしていく環境が非常に魅力的だったのが、進学を決めた大きな理由です。青森で福祉を学ぶ意義 保健福祉の課題が山積みの青森県で福祉を学べることも魅力です。それは非常にチャレンジングで刺激があります。目の前にある課題を解決する方法、目指すべき福祉の方向を、日々仲間達と共に考えています。専門職の養成がメインではありますが、大学であるので実践的な内容や理論を学ぶことができます。チーム医療を実践的に学べる! 私は将来、病院で働く管理栄養士になりたいと考えていました。本学では、4学科合同の授業があり、病院で働くうえで幅広い視野で物事を捉えることができ、また、医療の現場で必要となる他職種との連携を学ぶことができると思い本学を志望しました。 本学の魅力は、1年生の時から座学だけではなく学外演習などが多くあり、自分の学んだことを実践できる場があることです。将来のことを考えながら学びを深めていくことができます。また、本学の寮も魅力だと思います。私自身、新生活に不安がありましたが、寮生活でたくさんの友達ができ、賑やかで楽しい生活を送ることができています。医療現場で必要となる4学科合同の授業と、学外演習で学んだことを実践できる!長野県木曽青峰高等学校 卒業  栄養学科 2年佐々木 裕太郎さん 私は社会福祉の分野に興味があり、将来は障害者の就労支援に携わる仕事に就きたいと考えていました。地元の公立大学であること、社会福祉について学ぶことができること、1年次から実習があり多くの経験を積めること、国家試験の合格率や就職率が高いことが、私が本学を志望した理由です。 本学の魅力は、学年・学科を問わずに交流できるところだと思います。特にサークル活動はそのサークルのことだけでなく、勉強や実習など学校生活に関する相談がしやすいです。私は吹奏楽とテクニカル(ダンス)に所属していますが、ダンスは初心者でした。新しいことに挑戦したことで新しい仲間が増え、刺激となっています。サークルの種類が豊富なので、入学を機に新しいことを始めるのもいいと思います。国家試験合格率や就職率が高い!青森県立田名部高等学校 卒業  社会福祉学科 4年山道 千佳子さん 志望校の選択段階で、自分の学力や実家からの距離という点で注目はしていました。いざ受験を決意して調べてみると、豊富かつ珍しい設備や幅広い専門分野を修めた先生方といった魅力に惹かれるようになりました。また比較的小規模の大学なのでアットホームな環境で生活できるのも魅力の一つです。 本学の魅力は、システム面では実践力を磨く長期実習や高い国家試験合格率を裏付ける講義・演習などが挙げられますが、なんといっても最大の魅力は所在地が青森市であることだと思っています。これから発展していく地域であること、健康と密接なかかわりを示す県民性、何よりこの地域を良くしたいと奮闘する仲間たちや先生方と学ぶことができるのがこの上ない魅力に感じられます。地域を良くしたいと奮闘する仲間たちや先生方と、一緒にこの大学で学んでいます!北海道函館中部高等学校 卒業  理学療法学科 4年石田 康成さん 私は、短大で栄養士の免許を取得し、本学に編入してきました。 本学を志望した理由は、「保健・医療・福祉の連携、協働を目標とし、その人材育成に力をいれる」という本学の使命に魅力を感じたからです。各領域で関わる管理栄養士にとって、多職種との連携について学ぶことは必要不可欠だと考えていました。 本学の魅力は、4学科合同の授業があったり、少人数体制であるため、先生方から充実した丁寧な指導を受けることができたりなど、専門職を目指すうえでの「環境」が整っていることです。「人」を対象とする専門職であるからこそ、先生方との距離が近く、他学科の学生とも幅広くコミュニケーションをとれるなど多くの人と関われるということは非常に魅力的だと思います。専門職をめざすための環境が整っている!岩手県立一関第一高等学校 卒業          (会津大学短期大学部から編入)    栄養学科 3年千葉 幸子さんやまこみちちかゆうさうのあすまさきたろう 

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る