長野県看護大学 大学案内2018
27/30

27Nagano College of Nursing International Research Center in Nursing Practice附属機関Affiliated Facilities看護実践国際研究センター長野県看護大学看護実践国際研究センター設立の趣旨 本学は、平成7年に長野県初の県立大学として開学し、以来グローバル化する世界のローカルとして地域を捉え、その地域への貢献を主眼にして教育と研究を進めてきました。「看護実践国際研究センター」は国際的視野の涵養を背景に置き、講座や分野などの専門的な枠を超えた研究実践活動部門として平成14年に設置されました。当時3つの部門「看護地域貢献研究部門」「異文化看護国際研究部門」「看護実践改革・学外機関交流推進研究部門」でスタートしましたが、その後「卒業生・修了生キャリア形成支援部門」「認定看護師教育部門」が加わり5部門となりました。さらに、創立20周年を機に平成28年より部門の名称の見直しと内容の充実を図ることを目的として再編され、「看護地域貢献研究部門」、「国際看護・災害看護研究活動部門」、「学外機関連携部門」、「キャリア形成支援部門」、「認定看護師教育部門」の5つの部門としました。 看護における臨床・教育・研究の統合(アカデミックナーシングプラクティス)の機能をもつ活動の拠点として、その使命を果たすことによって、さらなる大学の発展を図ると共に地域社会に貢献することを目指していきます。認定看護師とは、日本看護協会が実施する認定審査に合格し、特定(21分野)の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた者をいいます。認定審査を受験するには、認定看護師教育機関において、その課程を修了する必要があります。平成22年10月に「皮膚・排泄ケア分野」と「感染管理分野」の認定看護師教育機関として認定され、平成23年6月に開講しました。平成26年度からは「認知症看護分野」を開講しています。看護地域貢献研究部門国際看護・災害看護研究活動部門キャリア形成支援部門学外機関連携研究部門● 認知症看護分野■ 活動は次の5部門で行っています認定看護師教育部門認定看護師教育課程(平成30年度開講分野)学部や大学院の教育に加えて、研究、実践活動を推進している組織

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る