長野県看護大学 大学案内2019
17/30

生命の誕生や女性の一生を支えることのできる           素敵な仕事 大学に入学した当初は将来の目標やなりたい自分像を明確にできず、「自分はどこに向かうために、勉強や実習をしているのだろう」と悩むこともありました。しかし、大学で様々な講義を受け、得た知識を実際に実習で活かしたり、学びの中で疑問に思ったことを仲間と共有していくうちに、少しずつ自分の興味のある分野や将来なりたい自分像を見つけていくことができました。そして今は、助産師として働きたいという目標をみつけ、日々先生方や仲間と共に一生懸命学んでいます。助産師の仕事は、生命の誕生や女性の一生を支えることのできる素敵な仕事であるのと同時に、お母さんと赤ちゃん、2つの命を守るという大きな責任があります。勉強や実習は楽しいことばかりではありませんが、今まで共に過ごしてきた信頼できる仲間や、親身になって相談に乗ってくださる先生方に囲まれて過ごすことができ、とても恵まれた環境にあると感じています。これからも、目標に向かって頑張っていきたいです。R.M(飯田女子高校卒)K.O(静岡県立掛川西高校卒)見つけた!私の目標 この大学には多くの講義、実習がありますが、それらは、ただ知識を得るだけでなく一つ一つが自分の「人間力」を成長させてくれたように感じています。 私は昨年国際看護実習を履修し、留学生と共に2週間を過ごしました。言葉がうまく通じないもどかしさを感じながらも、異なる文化を抱えていることによる看護の違いや、それぞれの医療現場の背景を学ぶことができ、充実した2週間を過ごすことが出来ました。実習グループで活動するなかで自分の意見をしっかりと伝えること、なにか行動するにあたってしっかりと準備を進めておくべきことなど、当たり前の事も上手くできず、まだまだ未熟であったと自分自身を見つめ直すことが出来ました。 国際看護実習では新しい発見、出会いを得ることが出来ましたが、それらは自分自身を振り返り、「人間力」を磨くチャンスであったと感じています。皆さんも大学生活でたくさんの出会い、経験をして、より成長した自分に出会ってみませんか?自分を見つめ直す自分の「人間力」を  成長させてくれた

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る