長野県看護大学 大学案内2019
16/30

 入学してあっという間に2年が過ぎました。3年生になり、授業は更に専門的な内容を学ぶことが多くなりました。 2年生の後期には、基礎看護実習Ⅱがあり、今まで学んだことを病院で患者さんを受け持ち実践する初めての場でした。事前に今まで学んだ技術を友人と練習し、座学での内容も復習しましたが、実際に患者さんの前に行くと緊張や不安が大きく、思うようにいかないことばかりでした。ですが、看護師さんや先生からアドバイスを頂き、また、一緒に実習に行った仲間と支え合いながら、今自分は何ができるのか、何をすべきかを沢山考え、乗り越えることができました。今まで学んだことの活用の仕方が分かり、深めることができた実習になりました。 毎日学ぶことが多く大変な時もありますが、友人と一緒に勉強したり、時には息抜きをしたりして充実した日々を送ることが出来ています。これからも気を引き締めて頑張りたいです。A.Y(長野県立岩村田高校卒)学びを深める日々K.S(長野市立長野高校卒) 入学してから早くも2年が経ち、大学生活も折り返し地点を迎えました。 これまでは基礎看護学の講義、演習を通して看護に関する様々な技術、知識を学び、実習では患者さんを担当させていただきました。実際に患者さんから情報収集をしようとすると、それは簡単なことではないと痛感しました。患者さんから発せられる言葉だけでなく、表情、仕草、行動などにも意味があることを知り、看護の難しさを実感しました。しかし、先生やグループの仲間から多くのアドバイスをもらい乗り越えることができ、とても充実した実習を経験できました。 看護の大学は男子の学生が少ないイメージがありますが、テストが近くなると男子の先輩が大事なところを教えてくださったり、休みの日には男子20人くらいが集まってご飯に行くこともあり、とても楽しく、心強いです。 本学に入ったことで、今までになかった視点をたくさん得ることができました。みなさんも本学に入り一緒に学んでみませんか。大学生活の折り返し今自分は何ができるのか      何をすべきか今までになかった視点を たくさん得ることができました3学年では、各看護専門療育における対象と特徴的な疾患の理解を深め、領域特有の基本的な看護の知識・技術を学びます。後学期からは、各看護専門領域での臨地実習が始まり、実際に病院や施設等で患者さんを受け持ち、各看護専門領域における看護実践能力を養います。助産師を志望する学生は、あらかじめ母性看護実習、助産概論を履修し、助産師過程選抜試験に臨みます。

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る