長野県看護大学 大学案内2018
15/30

152学年では、これまでの学習を基盤にして、基本的な看護技術の習得をします。さらに、成人看護・老年看護・精神看護・母性看護・小児看護・地域看護・在宅看護の各看護専門領域における看護の基本的な考え方と援助方法の学習を進めていきます。後学期の基礎看護実習Ⅱでは、病院で一人の患者さんを受け持ち、日常生活援助を中心とした看護実践について学びます。2年テストやレポートを         乗りこえた後には楽しみもK.Sさん (長野市立長野高校卒)  入学してからの1年はとても充実したものになりました。基礎看護学の授業で学ぶ、ベッドシーツの交換や血圧の測定、導尿などの看護の技術を覚えることは決して簡単なことではなく、授業が終わった後、友人と実習室で何度も練習しました。実技のテストに受かったときは、達成感と看護師になるための技術が1つ身についたという思いで嬉しかったです。また、初めての実習では、グループごとに分かれ、患者さんと話したり、看護師さんの働く姿を見させていただく中で、メンバーそれぞれで気づいたことや感じたことが違い、そういう見方もあるのかと、私自身気づくことができとても有意義な実習となりました。 看護の大学は男子が少ないイメージがありますが、休みの日には男子の同級生や先輩方と集まってみんなでご飯を食べにいくなど、良いリフレッシュの機会になりますし、授業でわからない点は教えあったりして協力しながら日々生活しています。 これから専門的な領域の学習が増えてくるので、友人たちと協力し、毎日気を引き締めて頑張っていきたいと思います。 A.Yさん (長野県立岩村田高校卒)  大学に入学して1年が過ぎましたが、この1年間は今まで経験したことがないほど、充実していて濃いものでした。講義は、基礎的な知識を学ぶことが多かったのですが、人体の構造と機能や薬理学や基礎看護学など、色々な科目を受けていく中で、どの科目も関連しているということが分かり、それをふまえて、基礎看護学での血圧測定や食事介助などの援助を組み立てることにより、理解をより深めることができました。 グループワークも多く、意見を活発に言い合い、授業のなかでも友達とコミュニケーションを多くとれ、協力して課題などを行いました。 テストやレポートもありましたが、友達と一緒に勉強して乗り越えることができ、終わった後にはご飯を食べに行ったりなど思い出も沢山できました。 2年生の授業は、専門的な分野が多くなってくるので、気を抜かずに頑張りたいと思います。1・2年生のある一日1224618睡 眠通学準備講 義講 義昼休みサークルバイト課題など6:309:0013:00図書館で試験勉強サークルで仲間と絆を深めよう充実した一年間が過ぎ専門的な二学年に突入大学で1年間学んでみて協力して学びを深める

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る