長野県看護大学 大学案内2019
15/30

 わたしは、助産師を志しこの学校を受験しました。1年生を乗り越えて感じたことは、この学校は他の看護の大学とは少し異なるということです。わたしの友達の話を聞くと、勉強も実習も辛いということをよく聞き、先生や先輩との繋がりがそんなに無いと言います。しかし、わたしはこの1年大変だと思ったことはもちろんありますが、どの経験も楽しく乗り越えることができたと思っています。それは、この大学が単科大学であり、大学内で様々な人と関わることが多いからです。基礎看護の先生は、少人数に対し数人の先生が見てくれるので質問がしやすいです。先輩方は、色んなことを教えてくれて優しくて面白い人ばかりです。友達と楽しいことも、勉強で大変な時も支えあって乗り越えられました。何かあれば、支えてくれる人ばかりだったのでわたしは1年間大変でも楽しく過ごすことができました。1年生は、まだ基礎の基礎しか学んでないし、実習も少ししか行ってないのでこれからもっと大変なことが多いと思いますが、ここでなら頑張れそうと思いました。M.W(静岡県立伊豆中央高校卒)大変なことも乗り越えられる この大学に入学して1年、勉強、アルバイト、サークル活動とハードですが、とても充実した生活を送っています。 勉強面では、本格的に看護に触れ、1年前に想像していた曖昧な看護師像とは違う、理想の看護師像が見えてきました。基礎看護方法の演習では、学生同士で看護師役、患者役に分かれ実際の援助について学んでいます。座学で学んだことをいざ実際に演習でやってみると、イメージ通りの立ち回りができず落ち込むこともありますが、同じ夢を持つ仲間と支えあいながら頑張っています。 サークル活動は、室内楽サークルで中学校から続けているフルートを、地域の敬老会や鈴風祭で吹いたり、スノーボードサークルでは、初めてのスノーボードに悪戦苦闘しながらですが、楽しんでいます。 2年生になり、看護の授業が領域別となり、さらに専門的な授業が増えます。またサークル活動、自治会、生協学生委員会は中心になり進めていかなければいけない年になりますが、自らの夢のため、大学のため、さらに頑張っていきたいと思います。M.I(長野県立屋代高校卒)夢に向かって同じ夢を持つ仲間と 支えあいながら頑張っています先輩方は、 色んなことを教えてくれて  優しくて面白い人ばかりです

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る