金沢美術工芸大学 大学案内2017
38/40

万巻の書籍から、達成できる研究がある1 カットの挿絵から、ひらめく発想がある本の世界、そしてマルチメディアへ「大学で美術を学ぶ」ということは、自分の表現や意識をいつも振り返り、自分なりのコトバやカタチを見つけていくことと言えるでしょう。そのアドバイザーとなる場所が図書館です。本学附属図書館の歩みは、1946年金沢美術工芸専門学校の設立から始まりました。時代も貧しく、200冊程度の教員の持ちよりから図書館が始まったのです。なんてほのぼのした時代だったのでしょう!その後、図書館棟は、1972年の現在のキャンパス移転に伴って新築され、旧キャンパスの図書館棟(現在の本多蔵品館)の設計をそのまま引き継いだ由緒ある建築物です。2000年には現在のように増築され、快適な環境が用意されました。蔵書は美術・工芸・デザイン関係の図書を中心に、現在10万冊を超えています。国内外の貴重な画集や研究書の古典籍、江戸時代の和綴本も多くあります。また美術の研究に供するため、東西の文学、歴史、哲学、宗教等の隣接分野の辞書、全集、研究書などの収書にも力を入れています。学生からの購入リクエストの制度もあります。OPACシステムで簡単に蔵書検索ができて本へのアクセスは容易ですし、全国の大学間での相互貸借も可能です。本だけではありません。ビデオやDVDなどの視聴覚資料には、伝統工芸から現代美術まで、また古典映画などの収集にも力を入れています。これらは館内のAVブースで自由に閲覧ができます。パーソナルコンピュータもありますし、閲覧机には情報端末が装備されていますから、自分のノートパソコンを持ち込んでインターネットを利用することもできます。図書の活用法や専門書の探索、またコンピュータの利用ノウハウなど、分からないことがあったら遠慮なく質問してください。図書館職員や教員ライブラリアンが丁寧に助言してくれるでしょう。もちろん、友人どうしで教え合うことも大切です。図書館はコミュニケーションのひろばです。http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/tosyokan/■ 蔵書(2016.3.31 現在)■ 利用状況(2015年度)図書 110,915冊雑誌 1,243誌視聴覚和書86,059 冊和書1,098 誌3,157タイトル洋書24,856 冊洋書145 誌入館数 70,063 人貸出冊数 13,608 冊市民登録者数(累計) 1,128 人駐車場駐車場正門大学院棟本館棟工芸実習棟基礎実習棟研修棟池駐車場図書館棟駐車場駐車場石彫棟グラウンド田井町へ美大ホール体育館棟研究所棟テニスコート小立野バス停へN附属図書館施設配置図

元のページ 

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です