金沢美術工芸大学 大学案内2017
27/40

●美学● 日本美術史Ⅰ● 日本美術史Ⅱ● 東洋美術史Ⅰ● 東洋美術史Ⅱ● 西洋美術史Ⅰ● 西洋美術史Ⅱ● 近代美術史● 工芸史Ⅰ● 工芸史Ⅱ● 美術工芸特論● 美術解剖学● 図学● 色彩論● メディアアート● 造形心理学●環境心理学● 建築論● 専門英語演習● 芸術と批評● 保存修復概論● 絵画Ⅰ(素描・静物)● 絵画Ⅰ(素描・人体)● 絵画Ⅱ(版画)● 絵画Ⅲ(日本画)● 絵画Ⅲ(油絵)● 絵画Ⅲ(フレスコ)● 彫刻Ⅰ(塑造)● 彫刻Ⅱ(彫造)● デザインⅠ~Ⅲ●工芸Ⅰ(金工)● 工芸Ⅱ(陶磁)● 工芸Ⅱ(ガラス)● 工芸Ⅲ(木工)● 工芸Ⅲ(漆・木工)● 工芸Ⅳ(染織)● 工芸Ⅳ(刺繍)● 映像メディア● コンピュータグラフィックス● 版画● 工芸技法(紙)● 造形表現工房Ⅱ (平面/ドローイング(人体)) (平面/銅版画技法)● 造形表現工房Ⅲ (立体/インスタレーション) (立体/彫刻表現)● 造形表現工房Ⅳ(素材・技術/素材技術研究)(素材・技術/現代美術ミクストメディア)(素材・技術/芸術と科学)(素材・技術/ファッションデザイン演習)●造形表現工房Ⅴ(社会環境/アートプロジェクト) (社会環境/地域連携演習) (社会環境/景観形成・造園演習)●造形表現工房Ⅵ(語学・理論/美術教育ゼミナール) (語学・理論/芸術と言語表現)主な科目日本美術史Ⅱ 佐野みどり 日本美術史Ⅱ 松崎 照明東洋美術史Ⅱ 平岡三保子 東洋美術史Ⅱ 山本  緑西洋美術史Ⅱ 木下  亮 西洋美術史Ⅱ 鯖江 秀樹近代美術史 甲斐 義明 近代美術史 筒井 宏樹近代美術史 米田 尚輝 工芸史Ⅱ 木田 拓也工芸史Ⅱ 五味 良子 工芸史Ⅱ 桜庭 美咲美術工芸特論 五十嵐嘉晴 美術工芸特論 上田 恒夫美術解剖学 尾崎 紀之 色彩論 坂本希和子色彩論 前川 満良 色彩論 今中 博之造形心理学 青山 征彦 環境心理学 鹿志村 香絵画Ⅱ(版画) 竹内 佳奈 絵画Ⅲ(フレスコ) 三野 哲二 工芸Ⅱ(ガラス) 渡辺 匡人 工芸Ⅲ(木工) 藤野征一郎 工芸Ⅳ(刺繍) 吉田 智子非常勤基礎科目基礎科目は、美術・デザイン・工芸の理論的な基盤となる講義、基礎造形力の習得と幅広い表現力を身に付けるための演習で構成されています。このうち5月下旬から6月上旬に実施される3週間の基礎科目集中履修期間では、他領域の専攻の教員が担当する実技系科目を体験する、いわば専攻の枠を越えた実技授業を実践しています。また必修の科目以外では、「造形表現工房」という教員の専門的な研究を活かした科目を開設して学生の自由な意欲に基づいて履修できる範囲を拡充しました。このように基礎科目は、学生の自由で積極的な取り組みを可能にするフレキシブルな授業形態にその特色があります。理論と実技の両面から、専攻の枠を越えた全学的な授業を行い、幅広い視点に立った基礎能力を高めるとともに、様々な特色ある講義と創作活動の場を提供しています。

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です