金沢美術工芸大学 大学案内2017
13/40

1、2年次は、基礎課程として描写力や造形美術の基本理念を学び、絵画に関する技能と知識を修得します。3年次からは研究室による個別指導を行い、表現力・構想力を伸長しながら、進級制作を行います。4年次には独創性、現代性に留意し、卒業制作を行います。授業は緻密に組立てられたカリキュラムに沿って、個々の自主性を尊重し、教員との対話を重ねながら進められます。1年次の石膏デッサン、裸婦デッサン、静物油彩、風景写生、人体油彩、グリザイユ画等は観察力・描写力を鍛え、2年次のカマイユ画、構図法等の油彩画技法では、創作表現に繋がる基礎研究を行います。3年次の表現技法研究、版画、モザイク、ステンドグラス、絵画組成などを通して、各自の表現を伸展させ、学年末の進級制作に向けて絵画を中心とした多様な表現に於ける基礎技術の完成、そしてコミュニケーションスキルの向上をはかります。4年次では前期制作を経て自己のイメージを探究し、4年間の集大成として卒業制作を行います。また自作についてのプレゼンテーションを行い、コンセプトを小論文にまとめるなど、言語化能力を向上させ創造的思考力を高めます。識見に優れた作家・研究者を講師として招く合評会を定期的に開催し、学生の制作意欲を喚起させ、彼らの自発的・積極的な姿勢を育んでいます。卒業後は大学院や海外留学を目指す者も多く、また作家として、教育者として、そして映像・デザイン等の分野で活躍している油画専攻の卒業生たちは、独自の感性を生かしながら、美術界ならびに地域文化の発展に大いに寄与しています。「オン・ザ・カンバス」(キャンバス、油絵具) 榮長 義雄H227.3 × W194 × D181.8cm「昼寝」(キャンバス、油絵具) 森田 都茂加H194 × W97cm「笠舞の風景」(キャンバス、油絵具、テンペラ) 張 陽太H162 × W194cm「火を雪ぐ夜」(アニメーション) 小野寺 加純3分7秒

元のページ 

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です