豊橋技術科学大学 大学案内2018
65/76

福利施設学生宿舎[個室設備]個室電気容量・・・A~E棟/20A、F棟/30Aテレビ端子・・・・・・地デジ対応個別エアコン・・・・冷暖房LANコンセント・・・指定業者と個別に契約することにより インターネット接続(光回線)が可能。 (経費は自己負担)[間取り図]A~D棟の一例平成28年度4月入居者についての入居許可率は次のとおりです。入居希望者 269名入居許可者 207名入居許可率 77%入居希望者 37名入居許可者 27名入居許可率 73%学生宿舎は、鉄筋5階建が5棟、鉄筋6階建が1棟、軽量鉄骨3階建が2棟あり、収容人員は655名(A~F棟は全室個室)です。4棟(A~D棟)は、男子学部学生用(外国人留学生を含む)で、E棟は、男子大学院生(外国人留学生を含む)の宿舎です。F棟は、女子学生優先の宿舎です。また、その他に共用棟があり、共同浴室、個人用メールボックス、自動販売機コーナー等があります。宿舎には、専用の食堂はありません。食事は学生食堂を利用するか、共同のキッチン等を利用して自炊することになります。E・F棟には各室にキッチンが備えられています。また、グローバル技術科学アーキテクト養成コースの学生が原則全員入居するTUTグローバルハウスでは、日本人と留学生がシェアハウス形式で一緒に生活(1ユニットに5人が居住)し、多様な国籍・文化・価値観が共生する環境をキャンパス内に創り出します。詳細はこちらhttp://www.tut.ac.jp/student/house1年次73%3年次77%寄宿料のほか、共益費として月額1,000円、光熱水料等として月額4,000~6,000円(冬期は6,000~9,000円)程度必要(食費・電話料を除く)です。※上記金額は平成29年2月現在A~D棟E棟F棟TUTグローバルハウス寄宿料(月額)7,000円11,000円20,000円25,000円(予定)インターネット接続費、共益費を含む[間取り図]F棟の一例情報提供 アパート等アパート等の情報提供を行っています。家賃は家屋の新旧、場所およびキッチン等の有無によって異なりますが、概ね下記のとおりです。学生組織課外活動の支援と学生相互の親睦を推進し、学生生活全般の向上を図ることを目的とした全学生を会員とする「学友会」が、下記のような多くの活動を行っています。会費は年額3,500円です。健康面のサポート全学年を対象に学校保健安全法による定期健康診断を、毎年4月に実施するとともに、学校医による健康相談や保健師による疾病・傷害に対する応急処置を行っています。●新入生歓迎行事(4月) ●新入生歓迎スポーツ大会(5月)●開学記念駅伝大会(11月) ●卒業記念パーティー(3月)●技科大祭運営資金援助 ●課外活動団体への物品等援助海外の大学等での実務訓練・インターンシップ学部4年次は、全員が産業界での実務を経験する「実務訓練」(インターンシップ)を必修科目として履修することになっていますが、海外の大学等でも実務訓練を履修することができます。平成25年度からは、本学海外教育拠点(マレーシア・ペナン校)を拠点に、毎年多くの学生が現地企業において海外実務訓練を行っています。大学院博士前期課程1年次では、選択科目として主に夏期に行う海外インターンシップがあり、毎年数名が参加しています。なお、海外実務訓練、海外インターンシップについては、本学および支援団体等による奨学金制度を受けることが可能です。6畳●バス・トイレ付 20,000~50,000円●バス・トイレ共同 15,000~30,000円※アパート情報はホームページをご覧ください。学生相談個人の修学・進路などの諸問題に関して、クラス担任などから助言を受けることができます。また、学生相談窓口においても、コーディネーターを中心に専門のカウンセラーや精神科医等が様々な悩みの相談に応じています。気軽にご相談ください。福利施設には、食堂、喫茶室、売店、書店およびキャッシュコーナーがあり、学生生活の便宜を図っています。食堂等では、朝・昼・夕食を本人の嗜好に応じて摂ることができます。喫茶室では、コーヒー等の飲物及び軽食を摂りながら談話できます。売店では、学用品はもちろん日用品・食品等を取り扱っており、書店では教科書・専門書・一般書・雑誌等を販売しています。学生交流会館には、スチューデントコモンズⅠ・Ⅱ、キャリア情報室および和室があります。スチューデントコモンズⅠ・Ⅱや和室は、学生や教職員の休息、憩いの場となっています。またスチューデントコモンズⅠでは、プロジェクター等が使用でき、発表の場として利用することが可能です。キャリア情報室は、就職活動に関する最新資料を備え、自由に閲覧することができます。収納用ラック収納用ラック収納用ラック( )65

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る