豊橋技術科学大学 大学案内2018
6/76

Feature1年次▶工学部2年次▶工学部高等学校出身者2年目高等学校出身者1年目実務訓練社会での技術者や研究者の問題への取り組み方を学生のうちから体験▶産学連携教育3年次▶工学部基礎専門高等専門学校出身者1年目高等学校出身者3年目3年次▶工学部基礎専門繰り返し習得・高度化4年次▶工学部基礎専門高等専門学校出身者2年目高等学校出身者4年目4年次基礎専門繰り返し習得・高度化博士前期課程▶大学院実会問生▶課基礎・専門社会の問学生▶課程卒業研究基礎・専門卒業研究繰り返し習得・実践化機械・電気・情報関係や技術者・研究者など実社会▶実践的・創造的技術者例えば、現状の技術を組み合わせる➡将来の技術を開発する例えば、回路設計➡システム設計高度化高度化基礎専門年目基礎専繰り返し習得門基礎専門基礎専門繰り返し習得豊橋技術科学大学の強み豊橋技術科学大学の特色本学独自の教育システムによる成長過程に沿って紹介する実践的・創造的かつ指導的な技術科学者への道のり。教育独自のシステムで次代を拓く高度技術者を育成大学教育と同じように基礎・専門や応用を学び、卒業研究も経験していることから、3年次以降、さらにレベルの高い基礎・専門を繰り返し学ぶことで、技術のバックグラウンドをなす科学理論を身につけます。高等専門学校出身者の場合3年次編入学高校卒業者は、教養教育に加え、高専と同じレベルの基礎・専門と応用を学び、3年次に高専出身者と合流。基礎・専門とその上に立つ技術訓練を交互に進めることで、創造的技術者を育てることを目的としています。高等学校出身者の場合1年次入学本学の特徴は「らせん型教育」にあります。これは、学部1・2年次及び高等専門学校において基礎・専門を学んだ学生に対し、3年次以降で、さらにレベルの高い基礎・専門をらせん型に積み上げる教育を意味します。このように、基礎・専門を繰り返す教育により、真に科学を理解し、新しい技術を創り出せる学生を育てるのが本学の特色です。高度技術者を育成する本学独自の学びスタイル「らせん型教育」らせんを描いて夢へと近づく06

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る