豊橋技術科学大学 大学案内2018
51/76

平成27年度海外渡航者数(研究者)国名・地域名国名・地域名国名・地域名国名・地域名国名・地域名国名・地域名%人数%人数%人数%人数%人数%人数大韓民国 17 3.6モンゴル 5 1.1ベトナム 25 5.3中華人民共和国 29 6.1カンボジア 1 0.2ラオス 8 1.7台湾 12 2.5イラン 1 0.2ネパール 3 0.6ミャンマー 2 0.4タイ 26 5.5マレーシア 121 25.4シンガポール 7 1.5インドネシア 24 5フィリピン 2 0.4香港 3 0.6計47カ国(地域含む)トルコ 1 0.2南アフリカ 1 0.2オーストラリア 5 1.1カナダ 8 1.7アメリカ 95 20ブラジル 2 0.4チリ 2 0.4フィンランド 3 0.6スウェーデン 1 0.2ノルウェー 2 0.4デンマーク 5 1.1イギリス 10 2.1ベルギー 1 0.2ルクセンブルグ 1 0.2オランダ 6 1.3ドイツ 15 3.2フランス 7 1.5スペイン 2 0.4ポルトガル 2 0.4イタリア 5 1.1ギリシャ 2 0.4オーストリア 2 0.4スイス 3 0.6ポーランド 1 0.2チェコ 2 0.4ハンガリー 1 0.2ブルガリア 1 0.2ロシア 1 0.2スロベニア 1 0.2ウクライナ 1 0.2ウズベキスタン 1 0.2 476国際交流デー開催「国際交流デー」は、日本人学生・教職員と留学生・外国人教職員、そしてそれぞれの家族が、お互いをもっと理解し合うためのイベントです。「触れる」「感じる」「体験する」をコンセプトとして、様々なイベントを企画・実施しています。これまで「TUT EXPO」「TUTリサイクルデー」「運動会」といった企画で世界のいろいろな文化を楽しみながら交流してきました。今後も多くのイベントを企画していきます。「国際交流デー」をさらに充実させるため、広く学内のみなさんの声を募集しています。様々な企画・提案を通じて、異文化交流の促進と、人と人との交流が作る本物の国際大学を目指しています。世界に開かれたカリキュラム○平成12年から大学院に設置されている「国際プログラム」では、英語のみで修士号・博士号が取得できるため、世界各国からの留学生が本学の優れた研究環境で勉学に励んでおり、日本人学生にも良い刺激となっています。英語による講義は日本人学生も履修可能で、定められた単位数を上限に修了要件に含めることができます。○本学では、平成29年度から多くの科目において日英バイリンガル講義を実施し、グローバルエンジニア育成につなげます。外国人研究者受入数平成27年度海外の研究者を積極的に受け入れ、最先端の研究・教育を展開国名・地域名ロシアポルトガルフランスドイツオランダイギリススウェーデンアルゼンチンアメリカカナダエジプト中華人民共和国大韓民国フィリピンインドネシアマレーシアミャンマーバングラデシュインド 2 2 1 1 12 1 7 2 1 3 9 2 1 1 1 3 1 1 4 55 3.6 3.6 1.8 1.8 21.8 1.8 12.7 3.6 1.8 5.5 16.4 3.6 1.8 1.8 1.8 5.5 1.8 1.8 7.3計19ヵ国人 数%※本学採用研究者、表敬・視察・特別講演等を除き、共同研究打ち合わせのため来学した研究者数。現在、世界中から多数の研究者が集まり、それぞれのテーマに取り組んでいます。外国人研究者の受け入れは、本学の学生や研究者にとって刺激的であり、最先端の研究や教育を取り入れることができます。51

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る