群馬県立県民健康科学大学 大学案内2020
9/36

3rdyear4thyear看護実践の知識や技術の展開よりよい看護実践の追求1、2年次に学んだ基礎に、さらに専門的知識と技術を修得し、病院や施設、地域の人々を対象に臨地実習を行います。多職種との連携・協働の理解を深める2学部合同授業や看護学研究を通して、これまでの学びのすべてを統合します。授業Pick Up授業Pick Up生涯発達看護学各論Ⅴ(老年期)看護学研究Ⅰ(問題解決過程)老年期にある人々の潜在・顕在する健康上の問題を解決・回避し、健全な発達を支援するための方法を家族への支援も含め学習します。また、この過程を通し、効果的な看護を展開するため研究成果に基づく知識・技術を活用することの重要性を学習します。看護実践上の問題解決に向けて看護学研究を検索し、成果を活用するための方法を学習します。学習グループを形成し、焦点化したテーマ(問題)に関連する文献検索を行い、グループ討議・成果発表を通して学術的に解決する過程を体験します。Student's MessageStudent's Message看護学部3年村松 里美さん群馬県・高崎健康福祉大学高崎高校出身看護学部4年田中 智大さん群馬県立渋川高校出身1限2限3限4限5限9:00-10:3010:40-12:1013:00-14:3014:40-16:1016:20-17:50月看護関連法規論看護倫理学保健医療国際連携論火機能看護学各論Ⅱ(看護管理)地域健康看護学各論Ⅰ(家庭環境)地域健康看護学各論Ⅱ(保医福施設環境)機能看護学各論Ⅲ-1(看護政策)水生涯発達看護学各論Ⅲ(思春期・青年期)木地域健康看護学各論Ⅲ(学習環境)地域健康看護学各論Ⅳ(労働環境)看護学研究概論保健医療情報組織学金生涯発達看護学各論Ⅳ(成人期)生涯発達看護学各論Ⅴ(老年期)1限2限3限4限5限9:00-10:3010:40-12:1013:00-14:3014:40-16:1016:20-17:50月看護学研究Ⅰ(4月集中)医療チーム連携論Ⅰ(4月~6月集中)医療チーム連携論Ⅱ(7月末)看護学研究Ⅱ(4月~通年)専門的機能と看護実践(4月末~6月集中)機能看護学各論Ⅴまたは看護専門職の役割と機能Ⅱ-1(6月末~7月前半)※4年次は、上記の実習科目や集中講義等を履修するため、時間割は不規則になります。火水木金1 Week Schedule1 Week Schedule看護学の学習を通して、多様な価値観や考え方を取り入れ、成長していくことを目標として日々学んでいます。休日は友人と旅行に出かけたりして楽しんでいます。健科大では教養科目から専門科目へと段階的に学習できることが魅力です。私は将来、地域の方々の支え手となれるような保健師になりたいと考えています。そのためには、確かな知識と技術を身につけ、人とのかかわりを大切にして学生生活を過ごしていきたいと考えています。看護師・保健師にとって、専門的な知識や技術を身につけることだけでなく、患者さんの気持ちを考えながら関わることが大切だと思います。健科大では、学部学年を超えて学生同士の交流ができ、大学生活を通して多くの思い出を作ったり、人として成長したりできるところが魅力だと思います。また、勉強にも仲間とともに日々取り組むことができます。将来は、大学で学習してきたことを活用しつつ、患者さんに寄り添った看護を提供できる看護師になりたいです。充実した学生生活将来に向けて看護学部 看護学科 │ Department of Nursing7

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る