群馬県立県民健康科学大学 大学案内2020
7/36

看護学部 看護学科 │ Department of Nursingチーム医療や多職種連携の一員として、看護独自の専門性が発揮できる看護職の育成を目指しています。本学看護学部は開学して15年目を迎えますが、その起源は昭和27年にさかのぼります。ここ数年、看護系大学や看護系学部が急増していますが、本学部は、前身の福祉大学校開設以来、すでに4,000名以上の卒業生を輩出している歴史ある学部です。そして、多くの同窓生が県内の病院や行政機関で主要な役割を担っています。時代とともに看護に対する社会のニーズは変化し、看護基礎教育には病院完結型から地域在宅完結型に向けた、地域包括ケアシステムの構築に対応していくことが求められています。そのために、本学部では早期からの参加観察実習を実施し、看護の新たな役割が学習できるよう支援しています。また、あらゆる場で、看護専門職として自律して判断し、看護独自の専門性が発揮できる看護職を育成することを目指しています。初学者である皆さんが、段階的に理論と実践を融合させ、専門的な知識・技術を深めていけるようなカリキュラムを提供するとともに、少人数教育により、学生の皆さんの知識・技術の定着を支援しています。伝統ある本学部で、将来の夢の実現に向けて挑戦してみませんか。看護学部 学部長 巴山玉蓮 教授1人間と環境に興味を持ち、人々の健康維持、増進に役立つことを希望する人人とのかかわりを大切にし、思いやる心と倫理観を持つ人論理的な思考及び柔軟な発想により、自ら見出した課題や問題に取り組む意欲と探究心を持つ人さまざまな人々と関係を築き、交流できるコミュニケーション能力を持つ人保健医療専門職と協働して学ぶ姿勢を持つ人看護学に関心をもち、専門的知識や技術の修得を通して地域社会及び国際社会への貢献を目指す意欲を持つ人※カリキュラムポリシー・ディプロマポリシーについては、大学ホームページをご覧ください。23456Admission Policyこんな人を待っていますMessage from the Dean学部長メッセージ5

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る