群馬県立県民健康科学大学 大学案内2020
21/36

群馬県のみならず国際的にも活用可能な研究成果を産出し、技術革新に貢献できる人材を育成するため、積極的に学部学生の間から国際学会で発表してもらっています。診療放射線学部生による発表もあり、希望者は1年生から国際学会に参加しています。主な参加学会はウイーンで開催されるヨーロッパ放射線学会および、シカゴで開催される北米放射線学会などで、一流の研究者、医師、技術者が競って発表する著名な学会で、採択率も低い厳しい学会です。群馬県立県民健康科学大学のホットなニュースをお伝えします!受験生やその家族の方等を対象にした2019年度オープンキャンパスを2019年8月9日(金)、10日(土)に開催します。教育・カリキュラムや入試に関する案内に加え、模擬授業・模擬演習の実施や在校生・教員による相談コーナーも設ける予定です。健科大の雰囲気を少しでも味わっていただけるよう、心より皆さまの参加をお待ちしています(要事前参加申込)。2019年11月9日(土)、10日(日)に本学の学園祭である「桃の木祭」を開催します。学生たちが主体となり、手作りで作り上げるイベントです。教員による進学相談会も実施します。健科大らしいさまざまな企画を用意し、受験生や地域の方々にも楽しんでいただける内容になりますので、ぜひご来場ください。オープンキャンパス学園祭Event InformationKENKADAI TOPICS元気に “動こう・歩こう” プロジェクトキックオフフォーラムの開催と全国学会における認知症教材の普及活動世界各地で行われている国際学会で発表していますTOPICS 1TOPICS 2群馬県では全ての県民が健康でいきいきと生活をするために、「ぐんま元気 (GENKI) の5か条」を制定し、「健康寿命延伸の県民運動」を実施しています。この一環として、県民が身近な地域で “動く・歩く” ことを目指して「元気に “動こう・歩こう” プロジェクト」キックオフフォーラムを開催しました。日本老年看護学会第23回学術集会において、群馬県認知症サポーターステップアップ教材の紹介を行いました。「とてもわかりやすく楽しい教材、次は何だろうと観ていくことができた」「まさに欲しかった教材、ぜひ活用したい」など、好評を頂いています。19

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る