群馬県立県民健康科学大学 大学案内2020
12/36

診療放射線学部診療放射線学科Department of Radiological Technology● 学士(放射線学)科学的根拠に基づき的確な判断をくだせる高度な知識と技術、倫理観を持った診療放射線技師を目指す。取得できる学位取得できる資格● 診療放射線技師国家試験受験資格● 第1種放射線取扱主任者※● 医療情報技師※※受験資格に制限がなく、在学中に取得可能です。修業年限4年入学定員35名診⦆療放射線技師は、X線検査、CT・MRI検査、核医学検査、超音波検査などの各種画像検査、がんに対する放射線治療を通して、疾病の早期発見や治療に貢献しています。本学は、優れた診療放射線技師を地域に送り出すため、診療放射線学を体系化し、日本で唯一となる診療放射線学部を開設いたしました。教養教育科目では、文系・理系を問わず幅広い学問分野を学び、あわせて語学や情報科学など専門を学修する上で必要な基礎知識を身に付けます。専門基礎科目では放射線に関する物理・化学・生物学などの理工学的知識、解剖学・生理学などの医学・生命科学的知識を修得します。その上で、専門科目としての診療放射線技術学を体系的に学修します。3年後期~4年次には、診療放射線学の集大成となる卒業研究を実施し、その成果を卒業研究発表会及び論文集として公表いたします。授業形式は、講義のみならず、演習、実験、実習など様々な形態をとり、卒業後に医療専門職として活躍できるよう自ら考え行動できる能力を育成する教育を行っています。教授陣は、診療放射線技師としての豊富な臨床経験と高い研究能力を兼ね備えており、最新の科学的研究成果に基づいた、臨床に活かせる授業を行っています。また、1学年定員35人という少人数教育ですので、学生一人ひとりに対してそのニーズに対応したきめ細やかな指導を行える体制です。臨床経験豊富な教授陣による少人数教育3年前期までに学修した専門的知識・技術を3年後期の学内・学外実験を通して実践的な理解につなげます。実験では、本学実験エリア内に設置されているX線撮影装置、MRI・CT装置、超音波装置及び学外実験施設に設置された核医学装置、放射線治療装置を用いて、適切な機器の取扱方法や管理方法などを学びます。また、4年前期では、群馬大学病院をはじめとする複数の地域中核病院で臨床実習を行うなど、充実した実験及び実習教育を行っています。充実した学内・学外実験と臨床実習3年後期および4年通年科目として履修する卒業研究では、学生各自が新しい検査・治療技術の開発に取り組みます。研究成果は、卒業研究発表会及び論文集を通して公表しています。同時に国内・国際学会で発表し、学術雑誌に論文投稿することも可能です。これまでに多くの卒業研究が国内・国際学会で表彰され、優秀論文賞を獲得するなど、高い評価を受けております。質の高い卒業研究看護学部との合同授業である保健医療チーム連携に関する演習及び実習を通じて、看護師・保健師・診療放射線技師としての高い専門性を学んだ見地から、それぞれの職種のチーム医療への貢献方法等を議論し学んでいます。学部合同のチーム連携授業01020304Points of Learning学びのポイント10

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る