筑波技術大学 大学案内2019
8/110

筑波技術大学概要2018―2019視覚・聴覚障害の特性 | Characteristics of Visual and/or Hearing disabilities7視覚・聴覚障害の特性眼や耳からの情報入手に制限のある学生が、高度で専門的な教育を受けるに際して遭遇する情報授受・コミュニケーションの障害こそが通常の大学では解決しにくい最大のバリアです。このバリアを取り除くことを「情報保障」と言います。本学は、日本国内では最高の情報保障を学生に提供していると自負していますが、こうした環境造りの基本は、それぞれの障害の特性を理解し、把握することです。日本国内の視覚と聴覚障害者の数は、視覚障害者数が約35万人、聴覚障害者数が約45万人です(e-Stat 社会福祉行政業務報告 年次推移統計表「身体障害者手帳交付台帳登載数,障害の種類別」平成26年度末数より)。これは、身体障害者手帳の交付に基づく数字で、実際には視力で不便さを感じている人は、1000万人とも言われ、また聴力で不便を感じ実際に補聴器等を装用している人は400万人とも言われています。Difficulties in delivering and receiving information and in communication are the most profound problems for universities to solve when faced with students with limited sight and hearing disabilities. The elimination of this problem is called “informational support.” (support for access to information) We are proud to offer students the highest level of informational support in Japan. We have built this environment based on an understanding of the specific characteristics of each student’s needs.The numbers of people with hearing and/or visual disabilities in Japan today comprise 349,328 and 451,073, respectively (Ministry of Health, Labour and Welfare, 2014). These numbers coincide with the registered recipients of the Physical Disability Certificate. However, in reality, approximately 10 million people suffer from visual difficulties, and 4 million people use hearing aids etc.■視覚障害の特性視覚障害には全盲から弱視まであり、弱視の中にも、焦点が合わずぼやけてしまうタイプ、明るいと視力が低下するタイプ、逆に暗いと急激に視力が低下するタイプ、視野が狭いタイプ、視野の一部が欠損しているタイプ、それらが複合したタイプと様々です。下の図に弱視の見え方を図示しました。■Characteristics of Visual DisabilityVisual disability has varying degrees, from “totally blind” to “low vision.” Low vision includes the following: blurred focus, eyesight decline under brightness, acute eyesight decline under darkness, narrow vision field, deficient vision field, and a combination of these symptoms. The diagram below illustrates aspects of low vision.■聴覚障害の特性聴覚障害は、「きこえない」から「きこえにくい」まであり、その中にも「まったくきこえない」「高い周波数の音がきこえない」「低い周波数の音がきこえない」「音としてはきこえるが、不明瞭である」など、様々なきこえの状況があります。次の図に、聴覚障害のある人におけるきこえの一例を図示しました。■Characteristics of Hearing DisabilityHearing disability also has variations ranging from “deaf” to “hard of hearing.” These variations include complete deafness, inability to hear high-pitched sounds, inability to hear low-pitched sounds, and ability to hear but without any clarity. The following diagrams show examples of people with hearing disabilities.Sight example of people with visual disability

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る