筑波技術大学 大学案内2019
70/110

私は現在、株式会社丹青社に勤めて4年目になります。当社は店舗や博物館、展示会などの企画・デザイン・制作・運営まで、空間づくりの幅広いプロセスをサポートしています。その中で私はクロスメディアインキュベートセンター演出技術部に所属しています。パースやウォークスルー、演出系ムービーなどのCG(コンピュータグラフィックス)を制作し、コンペ等のプレゼンをサポートしています。在学中は、建築分野で学んでいましたが、現在の職場で扱うソフトはどれも初めてでした。けれども、図面を見ながら作業するので、在学中に製図演習やAutoCAD、BIM演習で学んだことが図面を読むときに活きています。時に残業や休日出勤をしながら、厳しいスケジュールに対応することもあります。ですが、自分が制作したパースやウォークスルーでの表現が実際に現場で具現化されているのを初めて目にしたときは感動しました。そして、自分が制作したものがいかに現場や成果に影響を与える可能性があるか、改めてその重要性も認識しました。実際に担当デザイナーから感謝の言葉を頂いたときは非常にやりがいを感じました。このようにチームで取り組む大きなプロジェクトに貢献できる環境で働けていることに感謝しています。これらの経験を通じて、前線に立って仕事をしている人を支援するスタッフの一員として貢献していきたいと思いました。どの職場においても良い仕事につなげるためには周りとのコミュニケーションが大事になってくると考えています。筑波技術大学は情報保障整備がしっかりされています。ですから、これを活かして視野を広げ、学外にも足を踏み出してアルバイトをするなり、他大学の学生と交流するなり、社会を勉強しておくことが大切だと思います。私自身も、学生時代にアルバイトで経験したことが現在の職場で活きています。自分のためにも様々な経験を積み重ね、充実した学生生活を送ってください。豊富な情報保障を活用し、視野を広げて私は富士ゼロックスサービスクリエイティブ株式会社のSBO統括部に出向中です。弊社は、FXドキュメント事業のバリューチェーンの一部を担う機能会社で、その中のセールスバックオフィス機能として、営業の業務処理を代行するお仕事をしています。入社した当初は、教育部という今と全く異なる業務環境でした。日常的なPC管理、データ処理の他に、社内講座の運営、数か月にわたる新卒研修にサブトレーナーとして参加し、研修のお手伝いをしていました。SBO統括部に異動して約2年が経ちますが、営業経験がゼロの私は、日々勉強中です。職場でのコミュニケーションは主に口話ですが、重要なポイントはメモに書いてもらうようお願いしています。聞き漏れや聞き間違いによる仕事のミスは言い訳にはなりません。初めて一緒にお仕事をする人にはまず、聴覚に障がいがあることを伝え、出来ることと出来ないことを明確にした上でどのような対応をしてほしいかはっきり伝えることを意識してきました。これが結構大事なことで、特に聴力の程度が軽い人や聞き取りが得意な人は誤解されやすく、このひと手間を省くと、後々自分が仕事しづらくなる環境を作ってしまうこともあります。障がいを理由に甘えて誰かに働きやすい環境を作ってもらうのではなく、自分で働きやすい環境を作っていく前向きな姿勢が大切だと気付かされました。最後に、学生の皆さんに伝えたいことは、どこの企業でも同じだと思いますが、企業では常にPDCAを求められます。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善するということです。これを意識して回し続けることで、ミスをすることが減り、ミスをしたところでなぜ?どうして?と疑問を抱き、「検証」するだけで次の成果につながります。このようなPDCAを1ロールさせるだけでも自己成長に繋がり、成果を引き出せます。分かりにくいかもしれませんが、これは仕事だけでなく、今皆さんが取り組んでいる勉強やスポーツや趣味等の様々な場面でも同じことがいえます。学生時代に培った努力と成果は決して無駄になりません。ミスを恐れずに、今のうちにたくさん色々なことを経験、チャレンジして自分に自信をつけて欲しいと思います。大学4年間有意義な時間を過ごしてください。色々なことを経験して自分に自信を片重 千尋 かたしげ・ちひろ産業情報学科 システム工学専攻 建築工学領域 平成26年度卒業勤務先:株式会社丹青社クロスメディアインキュベートセンター演出技術部ビジュアルデザイン課宇賀耶 早紀 うがや・さき産業情報学科 情報科学専攻 情報通信コース 平成24年度卒業勤務先:富士ゼロックスサービスクリエイティブ(株)SBO統括部 デリバリー/SS支援センター デリバリーT私は現在…卒業生インタビュー40

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る