筑波技術大学 大学案内2019
69/110

3年次4年次7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月自己分析対策講座インターンシップ筆記試験対策筆記試験対策学内企業セミナー(随時)個別面談、面接練習(随時)面接対策講座プレエントリーエントリー合同企業説明会企業説明会開始Webテスト等開始選考(面接)開始内々定学内合同企業説明会内定式3年次4年次1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月公務員講座筆記試験対策一次試験二次試験一次試験二次試験筆記試験対策(随時)個別面談、面接練習(随時)願書提出(国家・都道府県等)願書提出(市役所等)名簿登録採用赴任就職活動について私は、自治体職員を目指しており、いわゆる公務員志望で就職活動をしていました。私が勤めたいと考えていたさいたま市は10月末から採用試験が始まり、11月末に内定が決まるもので、他の採用試験と比較的して遅めでした。そのため、さいたま市の試験を受けるまでの間に、周りの友人のほとんどは内定をもらっていたので、自分の中では「自分だけまだ何も決まってない。」と危機感や不安感が大きくありました。それでも、周りのペースに振り回されず、自分のペースで進み、家族や友人、大学の先生等の方々に相談に乗ってもらいながら就職活動をしていきました。特に自己分析において、家族や友人、先生方の助言で自分では気づかない面を知ることができ、自分だけではできない自己分析ができました。その結果、さいたま市に内定をいただくことができました。この経験から、就職活動は個人戦ではなく、周りの人の支えが助けになり、自分ひとりで考え込みすぎないことが大切だと思いました。就職活動で心がけていたことや学生時代に頑張ったことが現在にどう活かされたか学生時代にサッカー部キャプテンを任され、楽しく練習ができる雰囲気作り、個々のスキルを把握するために会話を重ねるなど信頼関係を築き、その結果、全国ろうあ者体育大会で14年ぶりに優勝しました。この経験を活かし入社後は、積極的にコミュニケーションをとる事で聴覚障がいの壁をなくし、会話しやすい雰囲気作りが出来、現在は楽しく業務に取り組んでいます。大学での勉強と、現在の業務のつながり私の部署はA/Tを生産する装置の設計~製作などを行っています。その中で私の担当業務は装置の設計補助で、3DCADを用いて3D図を作成し、部品干渉確認や、動作検証をCAD上で行い、図面の問題点を早期に発見します。大学でCADの基礎を習得していたので作図や設計の検証をスムーズに取り組む事が出来ました。将来、私1人で1台の装置が設計できるよう日々業務に励んでいます。就職活動は個人戦ではなく周囲の助けが必要大学時代の部活の経験を活かして村城 裕明さん企業の例公務員の例杉本 大地さん産業情報学科 情報科学専攻 情報科学領域 平成26年度卒業さいたま市役所 障害支援課 主事産業情報学科 システム工学専攻 機械工学領域 平成28年度卒業アイシン・エィ・ダブリュ株式会社39

元のページ  ../index.html#69

このブックを見る