筑波技術大学 大学案内2019
51/110

教育目標総合デザイン学科の教育科学技術の進歩は、社会や人々の生活環境に多くの発展をもたらし、私達の住環境や建物、モノや道具、情報やコミュニケーションなどのデザインに大きな可能性を広げています。これらのデザインは社会生活と深い関わりをもち、社会文化や人々のより良い生活環境を創る役割を担っています。本学科は、生活の中で日常的に関わりをもつ環境やモノや情報を、快適に便利に分かりやすく美的に創るデザインについて学びます。生活環境を総合的に考え、デザインに関する基礎的知識と専門技術を身につけ、ユニバーサルデザインなどへも視点を広げ、豊かな感性と創造的表現力を持ったデザイン関連の職業人として社会的自立ができるように育成することを目標としています。本学科では、環境・モノ・情報のデザインに対応した「環境デザイン学領域」「製品デザイン学領域」「視覚伝達デザイン学領域」の3つの領域を設けています。1年次では幅広い教養とデザインの基礎知識を学び、2年次からは領域を選択し専門分野の学習を深め、実際の仕事につながるように教育を行います。指導にあたっては情報保障に配慮した授業を行い、学生それぞれの個性やデザイン能力の育成に努めます。学生自らが課題解決できるよう個別に指導を行い、制作・演習・見学といった体験的で分かりやすい学習方法を多く取り入れます。また、情報化社会の進展に向け、ICT機器を積極的に活用した学習指導をします。環境デザイン学領域では、卒業後すぐに二級建築士(住宅などの小建築を設計することができる国家資格)の受験資格を得られるカリキュラムが用意されています。大学でデザインを勉強することは、卒業後どう役立ちますか?総合デザイン学科の4年間の学習の内、およそ半分は実技演習です。実技演習では「課題」が出され、アイデアを形にしてプレゼンテーションします。アイデアを形にするため、調査したり、教員に相談したり、友人から刺激を受けたりします。アイデアを出す経験やデザインの技術と感性を磨く経験は、卒業後、様々な場面で応用ができます。デザイン専門職はもちろん、総合職や事務職として就職した場合にも発揮されます。実際に、総合職や事務職として採用された卒業生が、デザインの経験を生かしています。書類や資料作成もデザインの経験者が作ると、読みやすさやイメージが向上します。デザインの勉強は総合的な場面で役立つ、時代や社会のニーズに合わせた教育です。デザインの勉強は絵が上手くないとできない?本学科では入学後、専門教育科目の中でデザインに必要な技術や知識を豊富な情報保障を用いて指導しています。センスや絵の上手さにかかわらず良いデザインができる基礎力を鍛えることができます。絵が苦手な学生も含め、全員が精巧なイラストを描ける技法、写真についての技術、映像編集の技法などを学び、スキルアップした学生も数多くいます。卒業後、現場に出ると、手書きよりもPC上の各種のソフトウェアやカメラ、映像関連機器を用いて造形するケースが大半です。デザインの現場では、描画は表現手法の一つにすぎません。描画できることはメリットにはなりますが、描画できないことがデメリットになる場面は多くありません。実際に、描画が苦手でもデザインの専門職に就いている卒業生は多くいます。Pickup!!教員紹介総合デザイン学科Q&A写真❶の授業では、把手の持ちやすさや留具の仕組みをデザインしてアクリル材で小物入れを制作しています。立体造形論・演習では多くの素材体験を通じて造形力・発想力・構成力が身に付くよう、手話、教材、実演などで理解を深めると共に、学生のアイデアを引き出し、完成度を高めるための指導を心がけています。伊藤 三千代 准教授立体造形論・演習製品デザイン論・演習工芸論工芸演習➍➎point1point221

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る