立教大学 大学案内2018
98/196

論理的に物事を捉え、解決に導く力が身につきます 「法律」とひと口にいっても、その存在は多岐にわたります。どの法律を学ぶ場合にも必要とされるのは、今目の前にある問題に対して、過去の事実や現代の法律に当てはめながらじっくり考え解決する力です。立教の法学部は2年次からゼミがあり、私は国際政治を中心とした難民問題や紛争について学んでいます。ゲストスピーカーを交え、興味や知識を深める機会も豊富です。自分の意見を述べ、相手の意見を聞き、先生からの専門的な知識を得て議論していく。これは大学ならではの学びといえるでしょう。法律を学ぶことを通して、論理的思考力が鍛えられています。法学部College of Law and Politics学生の声2年次 竹内愛子/イギリス 立教英国学院国際ビジネス法学科近年、企業社会におけるグローバル化の進展には目を見張るものがあります。このことは、わが国の企業が言葉も文化も異なる外国企業と取引し、また外国での法的紛争に備える必要があることを意味しています。法律は、どの国においても国内法を基本とします。そのため、国内企業と外国企業との紛争において生ずる問題は、いわば国内企業同士の紛争の応用問題です。国際ビジネス法学科では、法律の観点からこうした紛争の予防や解決に向けた考え方や手続きについて学び、国際的な企業買収や特許に関わる取引など最先端の企業法務に触れつつ、国際舞台で通用する法知識とセンスを磨いていきます。広い視野とリーガル・マインドで、世界と日本の企業を橋渡しできる人材に。国際ビジネスの現場で必要な言語力紛争を予防する問題発見能力紛争を解決する問題解決能力目指せる資格中学校教員免許、高等学校教員免許 ▲詳しくはP.144へ身につく力098

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る