立教大学 大学案内2018
96/196

法学部College of Law and Politics 立教の法学科はコース選択がないのが特徴的で、興味にしたがって柔軟に授業をとれる点が自分に合っていました。おすすめの授業は、「民法」「国際政治」「演習」で、論理的に考える力や物事の本質を見抜く力がつきます。テストで長文の答案を書くため、結論を出すのが難しい問題に直面した際でも冷静に事実を整理し、順序立てて仮説を考えられるようになりました。また、政治学では1つの問題でも誰の視点から考えるかによって印象が変わるため、多角的に考える力もついたと思います。卒業までにできるだけ多くの授業をとり、政治学に関する本も読み込んでいきたいです。物事を多角的に考え、本質を見抜く力がつきました学生の声3年次 小倉史人/埼玉県 越谷北高等学校法学科法の視点から問題を解決する力や、より良い秩序を創造する能力を育む。国と社会の秩序を形作っているのは、さまざまな法律です。法学科では国内法から国際法、公法から私法まで多岐にわたる分野の法律を学修し、問題を発見・解決する能力と制度構築能力を身につけます。入学後はまず法学の基本的な素養を身につけます。これは大学院に進む学生はもちろん、公務員やビジネスパーソン、司法書士、法律事務所、NGO関係など、あらゆる職業と市民生活にとって必要不可欠なものです。2年次以降はそれぞれの関心に応じて、応用・発展的な法分野を演習や少人数講義で学修。4年間の充実した学びにより、複雑化し激しく変化する現代社会の問題を問い直し、解決していく能力を育成していきます。目指せる資格法的ルールの解釈・運用能力と制度の設計・構想力現代社会に必要不可欠な法的思考能力効率的に解決に導くためのリサーチ能力身につく力中学校教員免許、高等学校教員免許 ▲詳しくはP.144へ096

元のページ  ../index.html#96

このブックを見る