立教大学 大学案内2019
87/196

授業紹介■代数学1・2・3 ■幾何学1・2・3 ■解析学1・2・3 ■情報数理1・2・3 ■現代数学概論 ■数学講究 ■応用数学講究完成期3■線形代数学1 ■線形代数学2 ■群論入門 ■微分と積分1 ■微分と積分2 ■微分と積分3 ■計算機入門2 ■位相空間論A形成期2■数学入門 ■数学入門演習 ■微分と積分入門 ■微分と積分入門演習 ■計算機入門1 ■計算機入門1演習 ■初等整数論導入期1PICK UP証明の基本を学びつつ、数列や関数に親しむ4年次に向け、ガロア理論の基本を学ぶ横山研究室仲間と高度な専門書を読み込み、解説する、数学科学習の集大成■微分と積分入門 微分積分で定理を証明するために必須の事柄である基本的な命題の扱い方を習得し、2項係数と2項定理などを例にとりながら基本的な証明の方法を学びます。次に、数列の収束の定義と収束列の性質、連続関数の定義と有界閉区間上での性質、微分の定義、いろいろな関数の微分などについて学んでいきます。■代数学2 代数学の基本的な言語である「群・環・体」のうち「群論」と「環論」の基礎は修得済みであると仮定して、本授業では「体論」の基礎を学習していきます。4年次の「代数学3」において展開される予定の「ガロア理論」に円滑につながるように、そこで必要とされる基本的な事柄を中心に解説していきます。■数学講究、応用数学講究 4年次では少人数グループに分かれ、ひとつのテーマに集中し、深く掘り下げて研究します。「数学講究」では数学の理論的な研究、「応用数学講究」では数学の計算機などへの応用に重点を置き、問題に取り組み、解決し、それを他人に解説する能力を身につけていきます。これが数学科での学習の集大成となります。筋道を立てて、伝える力が身についた年次﹇春﹈の時間割年次﹇春﹈の時間割原 貫多Student’s VoiceMONTUEWEDTHUFRISAT1234566MONTUEWEDTHUFRISAT123453年次 東京都 國學院高校 中学生の頃から好きだった数学を、より深く学びたいと思い数学科に入学しました。大学の数学は中学・高校とは違って、定義や定理を中心に授業が展開されます。そのため最初は戸惑うこともありましたが、学年があがるにつれ慣れていき、定義や定理がいかに数学において大切かがわかってきました。立教の数学科では座学の授業と演習がセットになっているので、得た知識をすぐに活用でき理解を深めることができます。 学科の学びで培うことができたのは、論理的思考力です。解く問題の多くは、定義や定理を使い証明していきますが、それには筋道を着実に立て、授業で習ったことをうまく活用していかなければいけません。また、しっかり相手に伝わる文章を書く必要があり、数学的な力だけでなく文章力も試されます。そのような環境で鍛えられた「伝える力」で、実社会に出ても活躍できる人物になりたいと考えています。英語ディスカッション1計算機入門1計算機入門1演習英語ライティング数学入門数学入門演習英語プレゼンテーション1ドイツ語基礎1法への招待理学とキャリアドイツ語基礎1初等整数論行動の科学スポーツプログラムB微分と積分入門微分と積分入門演習教育原論情報科学3情報科学1解析学1解析学1演習経営学入門数学科教育法1心の科学心の健康代数学1代数学1演習幾何学1幾何学1演習情報数理1情報数理1演習理学部の地域教育連携活動『おもしろサイエンスワールド』2017年度テーマ「植物の解剖─花ひみつ・葉のひみつ─」科学実験イベントの企画・実施「チョウの翅のヒミツ─鱗粉の仕組みを知ろう─」「水中の小さな生きもののヒミツ─体のつくりを知ろう─」「花粉のヒミツ─種ができるまでの仕組みを知ろう─」ほか小学校での科学クラブ実施科学実験は学生が進行をする場合もありますTOPICS「地域教育連携の活動」では、豊島区との理数教育連携協定に基づき、双方における教育の質的向上を目指し、さまざまな活動を行っています。理学部 数学科87▶詳しくはWebサイトへ www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/science/department_01.html上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス

元のページ  ../index.html#87

このブックを見る