立教大学 大学案内2019
86/196

専任教員と研究分野青木 昇 整数論トーマス ガイサ 数論幾何学筧 三郎 数理物理学(可積分系)長島 忍 幾何情報処理野呂正行 計算機代数神保道夫 数理物理学(量子可積分系)杉山健一 数論的トポロジー横山和弘 計算機代数・代数的組合せ論小森 靖 数理物理学・解析的数論西納武男 幾何学(ミラー対称性)佐藤信哉 関数解析学(作用素環論)山田裕二 数理物理学(可解格子模型)斉藤義久 代数解析学・表現論柴田和樹 可換環論・組合せ論カリキュラムの特徴基礎をかためて専門へ確実にステップアップするカリキュラム1年次から少人数教育を実施充実の設備と指導体制でじっくり学ぶ数学科は、教員のきめ細かな指導のもと、1年次から少人数クラスで学んでいきます。学内には計算機室が整備されており、計算機・情報数理の演習の際には1人1台ずつの計算機を用いて授業が行われ、授業以外の時間も自由に使うことができます。3年次までの基礎的な学習を終えたあと、4年次には自分の志望する分野の教員のもとで数名での卒業研究(「数学講究」・「応用数学講究」)を行い、専門的知識を深く掘り下げ、学問のおもしろさに触れていきます。さらに研究を続けたい人や、数学の先端の見識を深めたい人には、大学院という道も開けています。1年次春学期に「数学入門」「微分と積分入門」「計算機入門1」を学ぶことにより、高校数学から大学で学ぶ数学へと移行していきます。1年次から3年次までのカリキュラムは、代数・幾何・解析という数学を支える3本柱に沿い、講義とともに演習を行うことで確実な修得を目指します。また近年、社会での要望が強い計算機・情報数理などの講義・演習カリキュラムも充実しており、教員志望の学生はこれらの科目を履修することで中学・高校の「数学」と「情報」の教員免許を取得することができます。学びの系統計算数学系解析系幾何系代数系アルゴリズム,コンピュータグラフィックス,暗号理論,計算機代数など微分積分,微分方程式,複素関数,関数解析など曲線・曲面,多様体,不変量,結び目,位相幾何学など整数論,ガロア理論,ゼータ関数,符号理論など数学の先端の知識を深め、粘り強く考える力を養う。数学科理学部 ■ COLLEGE OF SCIENCE身につく力数学の基礎、専門、先端に至る見識自然や社会の現象を論理的に考察する力科学の本質に迫る豊かな創造性数学は古代ギリシア時代以来の長い歴史をもち、自然科学の諸分野とも密接に関係しながら発展してきた、最も基本的な学問です。数学科では、代数学・幾何学・解析学から数理物理学・計算機科学にわたる幅広い研究を土台とし、1~2年次で基礎をしっかりとかため、3年次で興味のある分野を研究していきます。また、演習や少人数ゼミナールで、数学を学ぶ上で大切な粘り強く考える力を身につけていきます。本学科の学生数に対する教員数の比率は全国の私立大学数学科の中で最高水準を誇っており、重点科目には講義だけでなく演習をつけるなど内容がしっかりと身につく体制を整えています。86

元のページ  ../index.html#86

このブックを見る