立教大学 大学案内2018
83/196

カリキュラムの特徴教育の中心は学生実験自らの体験によって、事実を把握し理解を深める化学を学ぶには、物質に直接触れることが大切です。化学科では、少人数制という利点を活かして実験科目を1年次から配置しています。有機化学、無機化学、分析化学および物理化学の基本的な実験を行います。学生実験は、技術や操作法を学ぶためだけのものではなく、自らの体験によって事実を把握し、それを論理的に理解する能力を開発する場です。この経験が4年次の卒業研究や大学院での研究へとつながります。成長を確かめ、成果を見出す4年間の学びの集大成「卒業研究」4年次は各研究室に所属し、卒業研究を行います。ここでは、指導教員のきめ細かな指導のもと自分の希望するテーマを研究し、1年間の成果を報告会で発表します。卒業論文のテーマは、たとえ小さくとも世界で初めての研究であり、指導教員、大学院生、同級生らと一体になって取り組みます。これまでの講義や実験科目で得た知識を活かして探究し課題を解決する、社会に出たときにこの経験が大いに役立ちます。多くの卒業生が「卒業研究で学んだ経験が社会に出て大きな自信となっている。研究室での苦労と楽しさは一生忘れられない」と語っています。確実にステップアップするカリキュラム1年次の講義科目では、高校と大学での化学をつなぐ複数の入門科目を開講しており、基礎の習得から専門科目へと移行していきます。2年次以降は専門科目と共に演習科目により確実な習得ができます。また、実験科目では、1年次に各分野の基本的な実験を行いながら、実験器具・装置の取り扱い、データの処理方法、安全について学び、2年次では、1年次で学んだことを基盤として、より専門的な実験を行います。3年次からは、各研究室にて行う専門実験も用意され、4年次における卒業研究にスムーズに移行できるように配慮されています。さらに最近の化学の領域の広がりに対応して多彩な選択科目も用意されています。上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス専任教員と専門分野▲詳しくはWEBサイトへ www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/science/department_03.html●物理化学入門 ●分析化学入門 ●有機化学入門 ●無機化学入門 ●基礎化学実験 ●数学(化) ●基礎物理学導入期授業紹介化学科では、近年の化学領域の広がりに対応した多彩な選択科目を配置しており、環境問題、材料開発、知的財産権など、化学を取り巻く最新の話題を学ぶことができます。また、理学部では、科学の専門性をもった教養人として広い視野をもち、活躍するために必要な応用力・実践力を養う教育を推進する「理学部共通教育推進室」を設置し、学科の枠組みを超えた学部共通科目や、理系社会人のためのスキルアップ科目を展開しています。学生が自分の興味やテーマに応じて科目を選択し、学びの幅を広げていくことができます。実験や理論のほかに、広く化学について学ぶことができますか。Q&A●光物理化学 ●高分子化学 ●有機合成化学 ●分子軌道論 ●創薬化学 ●研究実験1・2 ●卒業研究 ●輪講完成期●物理学1・2 ●物理化学1・2 ●分析化学1・2 ●有機化学1・2 ●無機化学1・2 ●化学実験A・B・C ●情報科学(化) ●化学英語(化) ●化学ゼミナール ●化学の最前線形成期●化学の最前線化学科の各教員の専門分野における最新の研究内容および研究の「生の現場」を、各回の担当となる教員が、その背景や関連研究も含めてわかりやすく講義します。最新の研究内容を聞くことによって、研究とはどのようなものか、どのように進展していくかを理解します。近い将来、私たちの生活を豊かにする化学の最先端がここに!●基礎化学実験、化学実験A・B・C化学全般の基礎的な実験技術を習得し、無機・分析化学や物理化学、有機化学、計算化学など、化学の諸分野を実践的に学んでいきます。レポートの作成と、それをもとにしての教員との議論により、化学に関するより深い理解を得るとともに、化学現象を記述する表現力を養います。なぜこの器具を使うのか?実験操作の意味を理解するPICK UP●化学ゼミナール少人数制ゼミで、深く知りたいテーマを自ら設定し、主体的に調査を進め、担当教員と相談しながら調査内容を深めていきます。最終的には化学科の教員および大学院生や卒業研究生に対して、口頭発表を行います。これにより、化学に関する興味を掘り起こし、自ら考える力、発表の能力などを養います。教科書はなし!仲間とテーマを決めて調査に挑むPICK UP◎構造解析化学グループ黒田智明 天然物有機化学松下信之 錯体化学・固体物性化学和田 亨 錯体触媒化学田渕眞理 ナノテクノロジー・ナノバイオ分析森本正和 有機光化学中薗孝志 錯体化学・光化学◎物性解析化学グループ枝元一之 表面物理化学・電子分光化学宮部寛志 解析分離化学・分離機能化学大山秀子 高分子物理化学・材料科学三井正明 光物理化学・分子分光学上谷幸治郎 コロイド界面化学・高分子ナノ材料鈴木 望 分光分析化学・キラル化学新堀佳紀 クラスター化学・ナノ物質化学◎反応解析化学グループ箕浦真生 有機元素化学・物理有機化学常盤広明 理論創薬学・分子設計望月祐志 計算分子科学・プログラム開発山中正浩 有機化学・計算化学堤 亮祐 有機化学理学部化学科083

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る