立教大学 大学案内2018
80/196

理学部College of Science物理学科宇宙誕生の謎から原子の世界まで。自然科学の真の実力を身につける。物理学科の研究対象は「極小の素粒子から極大の宇宙まで」。つまり、より基本的なものに焦点を定め、実験的・理論的側面から新しい研究を展開しています。具体的には、素粒子論・宇宙論などの理論的研究、理論・観測両面から迫る宇宙物理、物質の基礎を探る原子核物理・原子分子物理の実験的研究、宇宙と地球の関わりを解明する惑星間空間物理・地球大気物理などを学んでいきます。物理学科では、これらの研究の最先端に触れられるよう、最新の実験施設や測定・解析装置・計算機を導入し、学生の取り組む意欲をバックアップする魅力的な教育・研究環境を整えています。自分の解釈が正しいか、議論を交わし解決できます 立教の物理学科はとてもオープンな教育環境で、わからないことがあれば教員や先輩に気軽に質問し、議論を交わすことができます。私はかねてより「この世界はどのように始まったのか」ということに興味があり、初期宇宙について勉強しています。宇宙論では、3年次までに学習した数学、物理学のさまざまな分野を総動員する必要があります。それ故に難しくもありますが、宇宙にも応用できる物理学の強力さを実感できます。また、あらゆるものを駆使して粘り強く考え、問題を解決していくという経験は、今後いかなる分野においても必ず役に立つと信じています。学生の声4年次 富川慶太郎/新潟県 長岡高等学校現代の物理学研究に必要な実験技術自然や社会の現象を論理的に考察する力新しい技術開発に取り組む豊かな創造性目指せる資格中学校教員免許、高等学校教員免許 ▲詳しくはp.144へ身につく力080

元のページ  ../index.html#80

このブックを見る