立教大学 大学案内2018
8/196

立教大学 沿革1829年7月18日、アメリカ合衆国ヴァージニア州リッチモンド市で生まれる。ヴァージニア聖公会神学校を卒業後中国派遣宣教師に任命され、1856年6月に上海に到着。1859年日本に派遣され、同年6月に長崎に到着。幕府のキリスト教弾圧の中、伝道に務める。1866年に一時帰国した後、中国および日本伝道主教となり中国と日本の新拠点として武昌と大阪を開拓。1874年2月に築地に立教大学の前身となる私塾を開く。1889年、後進に道をゆずるべく主教職を辞任。1895年京都に移り関西地方の伝道に生涯最後の力を注ぐ。1910年12月2日、故郷リッチモンド市で生涯を終える。享年81(歳)。創立者ウィリアムズ主教(チャニング・ムーア・ウィリアムズ)History of Rikkyo University1874年 明治7年 ●1883年 明治16年 ●1907年 明治40年 ●1918年 大正7年 ●1919年 大正8年 ●1922年 大正11年 ●1949年 昭和24年 ●1956年 昭和31年 ●1958年 昭和33年 ●1959年 昭和34年 ●1962年 昭和37年 ●1963年 昭和38年 ●1964年 昭和39年 ●1967年 昭和42年 ●1974年 昭和49年 ●1978年 昭和53年 ●1988年 昭和63年 ●1990年 平成2年 ●ウィリアムズ主教、築地に聖書と英学を教える私塾を数名の生徒で始める。間もなく立教学校と称する。外国人居留地37番に完成したゴシック風煉瓦校舎に移転。立教大学校と称した。専門学校令により、「立教大学」と称する。文科、商科および予科を置いた。池袋に移転。レンガ校舎群(本館・チャペル・図書館・寄宿舎2棟・食堂)落成。大学令による大学として認可される。文学部(英文学科、哲学科、宗教学科、史学科)、商学部および予科を置いた。新制大学として認可される。文学部(基督教学科、英米文学科、社会科、史学科、心理教育学科)、経済学部(経済学科、経営学科)、理学部(数学科、物理学科、化学科)を置いた。文学部に日本文学科を設置。社会学部(社会学科)を設置(文学部社会学科廃止)。法学部(法学科)を設置。文学部に心理学科、教育学科を設置(心理教育学科廃止)。文学部にフランス文学科、ドイツ文学科を設置。社会学部に産業関係学科を設置。社会学部に観光学科を設置。創立100周年記念式典。昼間部総合大学として初めての社会人入試を法学部で開始。法学部に国際・比較法学科を設置。新座キャンパス開校。008

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る