立教大学 大学案内2017
79/192

物理的な感覚を身につけ、理解する段階的・体系的に組み立てられた4年間の学び物理学科では、基本的な物理現象に取り組む基礎物理実験、コンピュータの原理やプログラミングを学ぶコンピュータ実験1、2、基礎的計測技術の修得から発展的な実験の経験まで行う物理学実験1、2など、物理的な感覚を身につけるための実験授業を重視しています。2年次は、隣接する分野の基礎的な実験として、化学実験と生物学実験を行います。2年次、3年次では約20名のグループに分かれ、各グループに教員とティーチングアシスタントがついてきめ細かく物理学の実験指導をしながら、2年次にはひととおりの基本的実験を、3年次春学期には時間をかけ少し踏み込んだ実験を行います。3年次秋学期には、学生が自ら提案・工夫した物理学実験を半年間かけて行います。4年次の卒業研究は、実験または理論の選択必修で、5名程度の学生が1名の教員の指導を受けながら年間を通して研究を行います。高校の物理から大学、大学院の研究へ少人数教育をいかした、きめ細かなカリキュラム物理学科では3~4割の学生が大学院へ進学するため、必修科目数を極力抑え、大学院進学者の要望にも対応したカリキュラムを組んでいます。物理学科の学生として必要な基礎教育は実質3年次までで終了します。4年次は博士課程前期課程(修士課程)0年次と考え、先端的な研究を体験します。また、大学院生と共通して履修できる講究科目を設置し、4年次から大学院レベルの内容が学べるよう配慮しています。宇宙に関する基礎概念を理解する●宇宙物理学序論1、2高学年次で宇宙を学ぶために必要な基礎的な概念を、天文学の歴史や壮大な宇宙の成り立ちを概観することを通して身につけます。銀河、恒星、中性子星、ブラックホール、太陽系の惑星や小天体、系外惑星などの天体について、それらの構造や観測方法、そこで起こる物理現象、未解明の問題について知識を得ます。主体的学習態度と基礎的な物理の素養を修得する●物理入門ゼミナール学科別テストで問題演習グループと調べ学習グループに分かれます。問題演習グループは高校数学・基礎物理の問題演習を行い、大学の物理の履修に支障がないレベルの基礎を身につけます。調べ学習グループは各自テーマを設定し、自主的に最終目標およびそれに至るまでの計画を立て、調べ学習をし、発表や議論を行います。こんな授業がありますカリキュラムの特徴▶詳しくはWEBサイトへwww.rikkyo.ac.jp/dept-phys/力学や電磁気学などの物理学の基礎と、統計力学、量子力学、相対性理論のような現代物理学の基礎を段階的に学び、最先端の研究に進みます。なかでも、地球、太陽系から銀河や宇宙の果てまでを対象にする「宇宙物理学」を深く学べることが特徴的です。自ら製作した観測装置を人工衛星にのせて宇宙を探ったり、相対性理論などを駆使した宇宙そのものやブラックホールなどを研究できます。また、素粒子・原子核から原子・分子に至るミクロな世界の現象も、加速器やいろいろな装置を使った実験や量子力学などを駆使した理論的研究を行います。がん放射線治療などの医療系の道に進むこともできます。立教大学の物理学科の特徴は何ですか。QA基礎をふまえ、より高度な実験を行う●物理学実験1、2「物理学実験1」では、2年次の「基礎物理実験」に引き続き、より高度な実験を行い、半導体や真空技術、計算機など、実験物理学で使うひと通りの技術や方法を理解し習得します。「物理学実験2」では、「物理学実験1」で学んだ基本的な実験技術・方法を用いて、自主的に課題を設定した実験を行い、4年次の卒業研究に向けて必要な能力を養います。原子核の基本的な性質と放射線について学ぶ●原子核概論現在、原子核の種類は6,000以上あると予想されていますが、安定しているものはわずか250ほどで、残りは放射線を放出して崩壊します。このような不安定な核について現在も研究が進んでいます。また放射線とその測定はがんの治療などの応用面でも重要です。本授業では、原子核が実験事実に基づいてどう理解されてきたかを学びます。●物理学概論●熱力学●力学1、2●電磁気学1、2●解析力学●エレクトロニクス●物理学演習1〜4●統計力学1、2●量子力学1、2●素粒子概論その他の主な授業立教の物理学科の一番よい点は、非常に自由度が高いところにあると思います。もちろん必修科目や卒業要件単位数など留意点はありますが、そこから一歩前や横に進んだ学習は、個人の選択に任されているからです。先生方も学生の積極的な姿勢を応援してくださっていて、物理を楽しく学びたい人も、つきつめて真剣に学びたい人も、充実した時間が送れます。私が力を入れて取り組んだ講義は、「解析力学」と「特殊相対性理論」の入口を扱う「現代物理学序論」です。数式だけで力学的物理現象を記述していく解析力学と、そこで培う手法を基礎に記述される相対性理論に魅了され、連日のように図書館に通い、勉強をしたのを覚えています。物理を通じて何かにのめり込む楽しさ、没頭感を味わえたことは本当によい経験でした。物理を通じて、何かにのめり込む楽しさを体感4年次 三宅 資/新潟県 長岡高等学校上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス検索理学部物理学科079

元のページ 

page 79

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です