立教大学 大学案内2017
77/192

基礎をかためて専門へ確実にステップアップするカリキュラム1年次春学期に「数学入門」「微分と積分入門」「計算機入門1」を学ぶことにより、高校数学から大学で学ぶ数学へと移行していきます。1年次から3年次までのカリキュラムは、代数・解析・幾何という数学を支える3本柱に沿い、講義とともに演習を行うことで確実な修得をめざします。また近年、社会での要望が強い計算機・情報数理などの講義・演習カリキュラムも充実しており、教員志望の学生はこれらの科目を履修することで中学・高校の「数学」と「情報」の教員免許を取得することができます。1年次から少人数教育を実施充実の設備と指導体制でじっくり学ぶ数学科は、教員のきめ細かな指導のもと、1年次から少人数クラスで学んでいきます。学内には計算機室が整備されており、計算機・情報数理の演習の際には1人1台ずつの計算機を用いて授業が行われ、授業以外の時間も自由に使うことができます。3年次までの基礎的な学習を終えたあと、4年次には自分の志望する分野の教員のもとで数名での卒業研究(「数学講究」・「応用数学講究」)を行い、専門的知識を深く掘り下げ、学問のおもしろさに触れていきます。さらに研究を続けたい人や、数学の先端の見識を深めたい人には、大学院という道も開けています。種々の概念や記法・慣習を身につける●数学入門導入の授業で数学特有の言葉遣い(記法)を覚え、次に証明や議論のよりどころとなる「集合論」や「論理学」を学びます。さらに高校で学んだ数学との連続性を考慮して、今後の学習に必要と思われる概念である「複素数」、「行列」や「空間ベクトル」などを学んでいきます。代数学の「体論」についての基本を学ぶ●代数学2代数学の基本的な言語である「群・環・体」のうち「群論」と「環論」の基礎は修得済みであると仮定して、本授業では「体論」の基礎を学習していきます。4年次の「代数学3」において展開される予定の「ガロア理論」に円滑につながるように、そこで必要とされる基本的な事柄を中心に解説していきます。習得した専門知識を駆使し、深く研究する●数学講究、応用数学講究4年次では少人数グループに分かれ、ひとつのテーマに集中し、深く掘り下げて研究します。「数学講究」では数学の理論的な研究、「応用数学講究」では数学の計算機などへの応用に重点を置き、問題に取り組み、解決し、それを他人に解説する能力を身につけていきます。これが数学科での学習の集大成となります。こんな授業がありますカリキュラムの特徴▶詳しくはWEBサイトへwww.rikkyo.ac.jp/science/math/微分積分を学ぶために必要な論理を理解する●微分と積分入門微分積分で定理を証明するために必須の事柄である基本的な命題の扱い方を習得し、2項係数と2項定理などを例にとりながら基本的な証明の方法を学びます。次に、数列の収束の定義と収束列の性質、連続関数の定義と有界閉区間上での性質、微分の定義、いろいろな関数の微分などについて学んでいきます。横山研究室●線形代数学2●計算機入門1●群論入門●幾何学1●数学セミナー1●情報数理1その他の主な授業◎教育フィールドの共有・開拓 ●q科学実験イベントの企画・実施 (「おもしろサイエンスワールド」:q2015年度テーマ「光の反射とq屈折〜はやぶさの反射シート〜」)◎小中学生向け企画開発・運営 ●q小学校での科学クラブ実施(一例) ・色の不思議 ・野菜ロケットをつくろう! ・音の正体を探る ・静電気の力 ・洗剤のパワー ・科学の力で事件解決 ●q数学・理科の授業支援(教員志望学生が中心となり中学校授業のティーチングアシスタントや補習を担当)「地域教育連携の活動」では、豊島区との理数教育連携協定に基づき、双方における教育の質的向上をめざし、さまざまな活動を行っています。地域教育連携活動TOPICS数学が得意なのと、わからないことがあった時に「なぜそうなるのか」を考えることが好きだったので数学科をめざしました。あたり前ですが数学科には数学好きな人が多いので、疑問点について議論し合うことが楽しく、充実した日々を過ごせています。そのような議論は、 2年次以降に履修できる数学セミナーという授業でも交わすことができます。また、パソコンについての授業もあり、C言語というプログラミング言語を学んだ時は、数学とは別の意味でクイズのようなおもしろさを感じました。授業で理解が深まると、人に伝える力もつきますし、数学の中でも自分にとっておもしろい・知りたいと感じる研究分野の発見があり楽しいです。私は大学に入って初めて学んだ「群論」という抽象数字の入門的な分野に興味をもったので、今後深く学びたいと考えています。数学好きが集まる環境で、個々の興味を深める2年次 山元大助/東京都 小松川高等学校上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス検索理学部数学科077

元のページ 

page 77

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です