立教大学 大学案内2018
75/196

カリキュラムの特徴Davis, Scott T. 企業と人材Donovan, Herbert A. BBL松本 茂 コミュニケーション戦略、BBL並木伸晃 経営戦略尾﨑俊哉 International Business白石典義★ 経済学と数量分析竹澤伸哉 Finance and Sports Business辻 洋右 Sports Marketing岡本紀明 Financial AccountingThompson, Gene BBL秋田隆裕 意思決定数量分析高橋俊之 BLPGuthrie, Brian BBLRees, Nerys BBLFowler, Randy 国際経営西原文乃 経営戦略論片岡光彦 開発経済学山田恭平 Local GovernmentSchules, Douglas Business Communication、Business Project、BBL専任教員と担当科目・研究テーマ▲詳しくはWEBサイトへ www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/business/department_02.html上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス段階的に英語力と専門知識を身につける「バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)」英語で経営学を学習できるレベルを目指す国際経営学科のコア・カリキュラムです。短期留学や少人数のグループ演習、専門教育科目など、1年次から2年半にわたり段階的に修得し、国際社会で活躍する力を身につけます。●経営学入門 ●経済学入門 ●会計学入門 ●Overseas EAP●リーダーシップ入門(BL0) ●グッド・ビジネス ●EAP1導入期●Global Strategic Managemen●Modern Consumer Culture and Society●Financial Statement Analysis●Leadership in Global Organization完成期●国際経営論 ●EAP2 ●International Business ●ESP●Business and Society in Japan形成期授業紹介準備段階  1年次夏季休暇第1段階  1年次秋学期第2段階  2年次春学期第3段階  2年次秋学期第4段階  3年次春学期~BBLのプロセス短期海外留学を体験(Overseas EAP)※EAP…English for Academic Purposes英語で経営学を学ぶ上で必要な基礎力を身につける(EAP1)英語で調査・発表・議論し、専門教育に備える(EAP2)英語で専門科目を受講(International Business、ESP)※ESP…English for Speci c Purposes実践力を磨く(Business Project、Overseas Internship、専門科目)経営学部では、学内で実施したTOEIC®IP試験や学外で個人的にTOEIC®試験を受験し、900点以上を取得した学生に、「CLUB 900」と題した表彰式を行っています。2009年に表彰を開始して以来、これまでに約230名が「CLUB 900」のメンバーとして表彰されました。また、過去の最低点と比較してスコアが最も伸びた学生を表彰する「Most Improved Award」という制度も設けており、学生たちのさらなるモチベーション向上につながっています。TOEIC®試験高得点取得者を表彰「CLUB 900」NEWS●Leadership in Global Organization多国籍な現場で従業員のやる気を出させるには?グローバルな組織とその環境の間の一致を達成するための戦略の基礎に焦点を当て、多国籍なビジネス活動のための戦略と、経営の意思決定の国際的な側面を学びます。また、複雑な状況での仕事、人、構造、およびシステムを管理するために必要なスキルについても学んでいきます(授業は英語で開講)。日本で企業が直面する社会問題への意識について考え、その経営戦略に必要な分析技術を学んでいきます。授業は、バングラデシュのグラミン銀行などケーススタディをもとに、短い講義と、チームでのプレゼンテーションとディスカッション、クラスでの分析とレポートを実施します(授業は英語で開講)。●Business and Society in Japanグラミン銀行はなぜ生まれた?さまざまなケースから考える経営手法PICK UP※経営学科の学生も参加可能です。正課の科目として単位を取得できる海外提携大学への留学プログラム海外留学は、国際社会で活躍するリーダーシップを養う上で、有意義な経験となります。さまざまな海外プログラムを用意しており、学生の留学をサポート。学費相互免除協定を結んでいる提携大学へ留学する場合は、追加の学費もかかりません。提携先は大学間協定校のうち学生派遣を行っている61校に加え、経営学部独自に提携している大学が38校。国際的にも評価が高い世界各地の大学で学ぶことができます。Overseas EAP期 間 | 3週間留学先 | オーストラリア、カナダなどの大学へ派遣 国際経営学科生は原則全員参加 集中的に英語を学び、ビジネス・プロジェクトを体験国際スタディ・プログラム中期海外スタディ・プログラム(学部間交換留学)期 間 | 1学期間以上留学先 | 提携先の大学から選定 一定の条件を満たした2年次以降の希望者が参加可能Global Internship期 間 | 内容により異なる留学先 | 国内・海外の民間企業・政府機関・NGO 一定の条件を満たした希望者が参加可能★印は2018年3月退職予定経営学部国際経営学科075

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る