立教大学 大学案内2018
74/196

経営学部College of Business 国際経営学科仲間と切磋する中で、自分の強みが見えてきます 国際経営学科では、1年次の夏に3週間留学し、帰国後、能力別の少人数クラスに分かれて、英語で段階的にビジネスを学びます。問題解決に向け、「より良いチームワークを構築するために、自分が発揮できるリーダーシップとは?」と、常に問いかけることによって「自分の強み」が明確になってきました。課題も多国籍なビジネス活動に関係しているため、自ずと「国際的な思考」が身につき、世界の複雑さ、曖昧さを実感することができます。切磋し合える仲間と出会えることも魅力で、みな秘めたる情熱をもち、目標に向かって意欲的に行動しています。学生の声2年次 佐久鈴花/大阪府 大手前高等学校価値観が多様化し急変する現代社会で求められるのは、持続可能な社会の構築に向け、リーダーシップを発揮できるグローバルな人材です。国際経営学科では、まず「バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)」で段階的に英語コミュニケーション能力を養います。その上で、専門知識を「マーケティング領域」「マネジメント領域」「アカウンティング&ファイナンス領域」「コミュニケーション領域」の4つのコンセントレーションから、幅広くかつ深く身につけていきます。専門科目の約70%は英語で開講されており、海外留学や海外インターンシップなどのプログラムも充実。英語力が向上する環境が整っています。グローバルなビジネス環境でリーダーシップを発揮できる人材に。国際社会で発揮できるリーダーシップ力英語による専門分野の理解とプレゼン力異文化への理解と他者とのコミュニケーション力目指せる資格社会調査士 ▲詳しくはP.144へ身につく力074

元のページ  ../index.html#74

このブックを見る