立教大学 大学案内2019
73/196

Student’s VoiceMONTUEWEDTHUFRISAT1234566MONTUEWEDTHUFRISAT12345年次﹇秋﹈の時間割年次﹇春﹈の時間割田崎 秀征3年次 長崎県 長崎西高等学校「経済」を知ると、日常の見え方が変わる 今日の日本を動かす、「経済」の実態とはどのようなものだろうか――高校の頃抱いていた疑問に踏み込むために、経済学科への入学を決めました。本学科では、段階を踏みながら体系的に学びを深めていくことができます。1年次で経済学の知識基盤を築き、2年次で関心に応じた科目の専門性を高め、3年次でその知識をアウトプットし、考察を展開していく。これらの学びによって、日常生活にも変化が起きたことを実感しました。普段何気なく見ていたニュースも、「なぜこのような金融問題が起きているのか」「日本の経済が今どのように動いており、実際に私たちの生活にどんな影響を与えているのか」など、さまざまな視点から今日の経済をみることができるようになりました。 今後も学科で得た知識を活用してより一層学びを深め、残りの大学生活を実りのあるものにしていきたいと考えています。授業紹介■応用社会経済学1・2 ■中級ミクロ経済学 ■中級マクロ経済学 ■景気変動論1・2 ■現代資本主義論 ■数理経済学■開発経済学 ■公共経済学1・2完成期3■社会経済学1・2 ■初級ミクロ経済学1・2 ■金融論1・2 ■初級マクロ経済学1・2 ■経営学1・2 ■財政学1・2形成期2■経済学1・2 ■統計学1・2 ■日本経済論1・2 ■経済学史1・2 ■基礎ゼミナール1・2 ■情報処理入門1・2導入期1PICK UP先進国と発展途上国の経済格差を埋める方法を探る企業が抱える課題の解決策を提案する企業活動の現場を体感!■開発経済学 現在の世界経済が解決すべき大きな課題のひとつは南北問題(豊かな先進国と貧しい途上国との格差)です。そのために、第二次世界大戦以降、多くの開発政策が誕生し、試みられてきました。しかし、いまだにこの問題は解決していません。それを理解し、いかなる開発政策を立案すれば、南北問題が解決するのかをともに考えていきます。授業テーマ/一例 •循環型社会 •持続可能性 •地域自立■課題解決演習B 産学連携を通じた協力企業から提示される具体的な課題に対し、その解決策の検討や提案に取り組む課題解決型学習の授業です。受講生は、少人数のグループを構成し、互いに密にコミュニケーションをとりながら、最終発表に向けて各課題に取り組みます。■インターンシップ 春学期はビジネスマナー講習など事前準備学習を行い、原則的に夏季休暇中に2~3週間のインターンシップを実施します。秋学期はインターンシップを通じて得た知見や経験を体験報告にまとめ、受講者全員で共有化します。経済学部 経済学科73▶詳しくはWebサイトへ www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/economics/department_01.html上記以外にも多様な科目が展開されています。詳細はシラバス検索をご利用ください。立教シラバス中国語基礎2世界経済論経済学2情報処理入門2基礎ゼミナール2英語ライティング美術の歴史観光学への招待簿記中国語基礎2環境経済学1租税法1農業経済論ゼミナールA初級マクロ2近代日本社会と人権ニュースの社会学3財政学1産業経済論1文学講義325キリスト教学講義32英語ディスカッション2スポーツの科学英語プレゼンテーション2

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る