立教大学 大学案内2018
7/196

グローバル化がますます加速する時代。立教大学では、リベラルアーツの精神を基盤とした教育で、変化し続ける国際社会で通用する、人間性と専門性をもった学生を育成します。世界を拓くLead for Globalization2海外や国内各地の卒業生との連携を強化し、新しいキャリア教育を実現。東京オリンピックを契機に、多様な人々と交流し、心と身体の健康と生きる活力を与えられる教育・研究活動を拡大します。Lead for Future未来を拓く3海外への学生派遣、外国人留学生の受け入れを拡大し、グローバルなキャンパスを実現世界標準のリベラルアーツ大学を目指し、海外協定校を300大学へ拡大し、全ての入試で英語4技能試験を導入英語による科目のみで学位が取得可能なコースGlobal Liberal Arts Program(GLAP)を開設学生一人ひとりが将来なりたい姿を明確にし、目標に向かって歩めるよう、新たなカリキュラムを構築卒業生との連携を強化し、海外や日本各地での就職支援を推進2020年の開催に向けて、東京オリンピック・パラリンピックプロジェクトを推進見えないものです。そもそも、いまの自分は一体どういう人間なのか、どれだけの力をもっているのか、明確に意識している人は多くはないでしょう。けることがあるでしょうし、重くて開けられなかった大きな扉を友だちと力を合わ拓く-」を旗印に、さまざまな取り組みを行っています。この『大学案内』を、これからの学生生活のプロセス、社会に出てさらに未来へと進んでいく道のりへの案内図として読んでみてください。可能性の扉を開くためにうかと、多くの人が考えるに違いありません。将来はこういう自分になりたいというイメージはあっても、どうすればそこに至ることができるのか、道筋は簡単には見えないものです。そもそも、いまの自分は一体どういう人間なのか、どれだけの力をもっているのか、明確に意識している人は多くはないでしょう。それは当然だ、と私は考えます。なぜなら皆さんはいま、刻一刻と成長し変化している最中だからです。一歩前に進むたびに視野が開け、新しい可能性の扉が現れてくるでしょう。いままでは存在することにすら気がつかなかった扉を見つけることがあるでしょうし、重くて開けられなかった大きな扉を友だちと力を合わせて開けられるということもあるに違いありません。立教大学は、皆さん一人ひとりが学生生活を通じて、このような可能性の扉を発見する力、それを開いて未来へと進む力を育てる大学を目指して、「RIKKYO VISION 2024」を策定しました。「Lead the Way-自分、世界、そして未来を拓く-」を旗印に、さまざまな取り組みを行っています。この『大学案内』を、これからの学生生活のプロセス、社会に出てさらに未来へと進んでいく道のりへの案内図として読んでみてください。可能性の扉を開くために007

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る