立教大学 大学案内2018
68/196

経済学部College of Economics会計は、企業の健康状態を捉えるカルテを作成します。そして企業が市場からお金を集めて機械や製品開発などに投資する、このお金の流れがファイナンス(金融・財務)です。近年、社会・経済がダイナミックに変化しています。株価や国債の値段がどう決まるか、会社の経営状態をどうやって判断するのか、企業買収はなぜ起こるのか。会計ファイナンス学科では、このような問題を具体的に考え、自信をもって説明できる力を身につけることを目標に、経済理論や国際経済等とともに実践的な会計ファイナンスの知識を習得し、洞察力と行動力を磨きます。社会の出来事を解釈し、分析する力を得られます 社会に出る準備として経済と会計の知識を身につけたいと思い入学しました。学科の特徴は会計のみならず金融、経営、経済など幅広く学べる点で、公認会計士や税理士などの資格取得を目指す環境も整っています。おすすめの授業は簿記で、知識が全くなかった私でも先生が一から優しく教えてくださり、今では財務諸表を分析できるようになりました。また、会計を学ぶことで、近年ニュースで取り上げられる不正会計など社会の出来事を自分なりに調べて解釈し、分析する力を得られたと感じています。今後の目標は、大学で学んだ知識と養った力を社会で活かしていくことです。学生の声3年次 石川佳澄/栃木県 栃木女子高等学校 会計ファイナンス学科会計と金融・財務を有機的に結びつけ、現実の経済を分析する能力を養う。目指せる資格公認会計士、税理士、社会調査士 ▲詳しくはP.144へ中学校教員免許、高等学校教員免許、企業の経営状況を把握し改善に導く経営財務分析力会計・ファイナンス両面から考察する企業分析力国際金融取引の背景と問題点を考察する視座身につく力068

元のページ  ../index.html#68

このブックを見る