立教大学 大学案内2017
6/192

2017年度新設GLAP 5つの特徴1英語による科目のみで学位の取得が可能です。「リベラルアーツ」を重視する海外の大学と同じ言語、環境で学ぶための幅広い科目を提供します。立教が培ってきた学びを「英語で学ぶ」プログラムです。立教伝統の教育を「英語化」。全ての授業科目を英語で実施授業は個別指導が行き届く教育環境(1学年20名程度)で行います。特にTutorial科目では、最大5名という少人数での文献講読、エッセイ作成、発表およびディスカッションを通じ、「自分で考える」「自分の言葉で表現する」力を養います。少人数教育・Tutorial科目(1クラス5名)の実施2入学から留学までの1年半(2年次春学期まで)は、全員が留学生と混住する寮で生活します。寮生活も学びの場とし、教育プログラム、イベントを自主的に行える環境とします。全寮制32年次秋学期から3年次春学期の1年間、全員が海外のリベラルアーツ大学へ留学します。立教大学の学費のみで、年間数百万の学費を必要とするリベラルアーツ大学で学ぶ機会が得られます。留学時には奨学金が支給されます。全員留学。異なる環境でリベラルアーツをより深く学ぶ4正課(授業)外での学び、寮生活でのGLAP生・留学生との交流を通じた学び、授業をサポートする形での学び(ステューデント・アシスタント活動)など、学生生活の全てが学びとなります。学生生活全てが学びの機会に5GLAP始動特定の学部を選ばない新しい学びのかたちGlobal Liberal Arts Program-グローバル・リベラルアーツ・プログラム-立教大学がこれまで培ってきた「リベラルアーツ」の理念と国際性を養う教育を少人数で行い、英語による科目のみで学位が取得できるプログラムです。入学時に特定の学部・学科を選ばない、新しい学びのかたちがはじまります。サウス大学(アメリカ)ミリキン大学(アメリカ)ニューヨーク州立大学ジェネセオ校(アメリカ)006

元のページ 

page 6

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です