立教大学 大学案内2017
58/192

College of Intercultural Communication 異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科文化の多様性を理解する知識と感性をもち、多文化共生社会の諸問題に取り組む行動力をもつ人材を育成します。日常生活のあらゆるものが世界に通じるグローバリゼーションの時代。人の移動、情報の流通がますますボーダレスになっている今、人と社会の関係はどのように変化していくのでしょうか。未曾有の難民の発生、イスラム国の台頭、深刻な環境問題など、世界は分断に向かっている印象すら受けます。このような時代に求められていることは、異文化の他者を理解し、またそれを鏡として自己を批判的に見つめ、他者との関わり合いを考える姿勢ではないでしょうか。紛争研究・平和構築の分野は、他者への無理解から生じた過去の失敗を謙虚に学ぶことが大切です。言語の習得はもちろん、一緒に行動すること、現場を体験することなどを通じて、グローバリゼーション時代の新しい社会のかたちを一緒に考えてみませんか?グローバリゼーション時代の新しい社会のかたちとは?他者理解、自己理解にもとづく紛争研究・平和構築/石井正子教授異文化コミュニケーション学科は、グローバル化が進む世界で、何をすべきかを考え、自ら行動できる人材の育成をめざします。そして、そのためには、自分の母語だけを尊重する狭いナショナリズムや、実質的な共通語である英語以外の言語の学習は必要ないという単純なグローバリズムを超えた「複言語・複文化」能力が必要だと考えます。本学科では、21世紀の複雑化する世界で着実に役割を果たすため、知識と実践の往還を常に意識し、言語能力を磨きながら、生きた言語が使われている現場の理解を深めることによって、多文化共生の問題に積極的に取り組む力を身につけます。専任教員と演習テーマ・研究分野Caprio, Mark E.朝鮮の歴史Cousins, Steven D.Culture and SelfhoodCunningham, Paul A.Environmental Sociology浜崎桂子ドイツ語圏文化研究Hartley, Anthony F.Community Translation, MT平賀正子★異文化語用論・認知言語学星野宏美音楽学細井尚子演劇学・中国表演学・比較演劇研究Howell, BrianCreative Writing飯島みどりラテンアメリカ近現代史・地域研究池田伸子日本語教育・教育工学石井正子紛争研究・国際協力・地域研究石川文也ディスクール(会話)分析石坂浩一韓国社会論Johnson, Stephan C.International Relations神戸直樹コミュニケーション学河合優子異文化コミュニケーション論・多文化社会論川﨑晶子社会言語学小林悦雄★言語学・英語学・文法論小山 亘言語人類学・コミュニケーション論黒岩三恵西洋美術史Lee, Hyangjin映画研究Martin, RonLanguage learning motivation,English language education丸山千歌日本語教育・社会言語学森 聡美バイリンガリズム・言語習得師岡淳也コミュニケーション学・レトリック研究灘光洋子異文化コミュニケーション論中川 理文化人類学・グローバリゼーション研究並木一美第二言語習得理論・語用論新野守広現代ドイツ演劇王 紅艶国際関係論・日中関係史・中国語学小倉和子フランス語圏文学・社会大森 愛言語政策(英語)・比較教育奥野克巳文化人類学佐竹晶子アイルランド演劇佐藤邦彦言語学・スペイン語学髙橋里美第二言語習得理論高山一郎言語政策武田珂代子翻訳通訳学谷野典之中国神話鳥飼慎一郎コーパス言語学・英語教育・教材論山田久美子アイルランド文学山口まり子分析哲学・倫理山本有香応用言語学・第二言語語彙習得・EAPカリキュラム開発英語教員教職課程に加えて、通訳・翻訳者養成プログラム、 日本語教員養成プログラムなど学部独自のプログラムの履修も可能英語で学部専門科目を履修して卒業する 「Dual Language Pathway」を設置し、 日英両言語で社会に貢献できる能力を獲得する★印は2017年3月退職予定058

元のページ 

page 58

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です