立教大学 大学案内2018
58/196

世界規模で広がる多民族、多文化社会を理解する新しい知の体系。グローバル化・ボーダレス化の進展によって、人や文化の移動や交流は日常的かつ地球規模のものとなり、人と人、組織と組織、地域と地域、さらには人と自然環境との関係のあり方に大きな変化が起こりつつあります。この激しく変化を続ける世界で、多様で「異なる」他者の考えや立場を理解し、豊かな社会を築いていくためには、何を学び、どう行動すべきなのか。21 世紀に生きる私たちが将来に向けて取り組み、考えていくべき大きなテーマです。まず、「ことば」から考えてみましょう。他者を理解するために、ことばとその背景にある文化の理解は欠かせません。日本人の母語である「日本語」、リンガ・フランカ 異文化 コミュニケーション学部College of Intercultural CommunicationDual Language Pathway ▲www.rikkyo.ac.jp/admissions/brochure/ ▲www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/ic/学部WEBサイトデジタルパンフレット異文化コミュニケーション学科058

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る