立教大学 大学案内2019
5/196

 立教大学の物語は、1874年聖書と英学を教える私塾「立教学校」から始まります。当時の日本は実利主義の傾向が強く、物質的な繁栄を目指す風潮にありました。このような時代の流れに危機意識を抱き、西洋の伝統的なリベラルアーツカレッジをモデルとして、心の豊かさとリーダーシップをあわせもち、世の中に自ら貢献できる人間を育むべく、立教は今日まで歩んできました。 現代のグローバリゼーションは、より便利に、ライフスタイルの多様化を促す一方、過剰な競争にさらされる面もあります。立教で学ぶ人は、そこでためらうことなく、他者に手を差し伸べられる人に育ってほしい。その時、新しい関係が生まれ、生かし合う社会への道が開けるでしょう。創立から140余年経って再び、立教のリーダーシップ教育が重要な時代を迎えている。そう感じています。 みなさんは今、長い人生の中で「行動力と想像力」がみなぎった季節にいます。新しいことにチャレンジする「行動力」はかつてない自分を、豊かな「想像力」はかつてない世界を立ちあげるものです。立教大学の環境を存分に活用し、充実した4年間を過ごしてくれることを願っています。立教大学 総長 郭洋春5

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る