立教大学 大学案内2018
46/196

 1年次は基本文法をしっかり学び、2年次は会話や講読など発展的な授業を通して多様な角度からフランス語を身につけていきます。フランス文化や社会についての授業も豊富で、日本人とは異なるフランス人の感性に触れることで新たな視点から物事を考えられるようになりました。2年次の夏は「海外フィールドスタディ」で現地の語学研修に参加。生の言語や文化に囲まれ、とても充実した時間を過ごせました。3年次は1年間のパリ留学を予定しています。授業を通して興味をもったロマンティックバレエを中心に、舞踊の歴史や特徴について本場で学びを深めたいです。フランス人の感性に触れ、新たな視点を自分のものに学生の声2年次 星 優海/千葉県 日比谷高等学校文学部College of Arts文学科 フランス文学専修広く世界で使われるフランス語を身につけ、フランス語圏の文学と文化を探究。フランス語の世界は奥が深く、フランス語圏の文化・文学を研究するとヨーロッパだけに留まらず、遠く南アメリカやアフリカまでもが見えてきます。フランス文学専修は、多様な関心や必要に応じたフランス語の授業を独自に展開。フランス語を身につけ、フランス語圏の文化やフランス語で書かれた文学や哲学思想に親しむことにより、 学生が自身の可能性を押し広げていくことを目的としています。英語もしっかりと学びながら、フランス語という新しい視点を通して世界を見ることで、英語や日本語で理解していたものとは全く異なる世界が開け、それが新しい自分を創出するきっかけとなります。フランス語による時事やエッセー、映像文化の読解力効率的な教授法で磨く、フランス語の実践的運用能力フランス語によるパフォーマンス、作文などの表現力目指せる資格中学校教員免許、高等学校教員免許 ▲詳しくはP.144へ身につく力046

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る