立教大学 大学案内2019
46/196

撮影協力:目白聖公会☆印は教育学科の専任教員専任教員と演習テーマ・研究分野阿部善彦 中世キリスト教思想史長谷川修一 ヘブライ語聖書、聖書考古学廣石 望 新約聖書、原始キリスト教加藤磨珠枝 西洋美術史、キリスト教美術西原廉太 現代の神学、組織神学、現代社会とキリスト教Shaw, Scott 西洋音楽史、キリスト教音楽Sonntag, Mira 日本のキリスト教、アジアのキリスト教梅澤弓子 キリスト教倫理学☆市川 誠 キリスト教教育、比較教育学「信仰を前提とせずに文化・社会現象を対象とするキリスト教学」とは、どういうものですか。Q&A2000年以上にわたって世界の歴史や文化に大きな影響を与え続け、また影響を受けてきたキリスト教と、文化・社会の相互関係について研究します。さらに、研究の対象となる場所を実際に訪れて、人々に聞き取り調査をしたり、街並みや建物などの観察・調査をして学びを深める「フィールドワーク」を学びの一環として取り入れています。「キリスト教と科学」「キリスト教と映画」「キリスト教と封建社会」など、あらゆる領域とキリスト教との関係がキリスト教学の対象です。キリスト教を学問研究の対象として学ぶことが目的ですので、学生に「信仰」の有無は一切問いません。カリキュラムの特徴入門的科目群で複合的な学問を体験し、応用につながる自らの関心を見出す専門的科目群で宗教を分析・理解し、自ら積極的に調査・研究する力を養う2年次から始まる「キリスト教学講義」は、キリスト教という現象を領域ごとに広くかつ多角的に学ぶ基礎的講義群と、各領域についての知識をより専門的に深めていく専門的講義群から構成されています。さらに、特定のテーマに関して自ら積極的に調査・研究していく「演習」、机上の知識を批判的に見直していく「フィールドワーク」、外国語文献を精読していく「中級講読」「原典講読」により、講義で得た知識を応用的に展開させていきます。本学科では、中学校の「宗教」「社会」、高等学校の「宗教」「地理歴史」「公民」の教員免許が取得できます。必修科目である1年次の「入門演習」と2年次の「キリスト教学基礎演習」では、キリスト教学で扱う聖書と歴史、神学と思想、アジアと日本、文化と芸術の各領域について概要を学びます。また、自らテーマを設定して、そのテーマを掘り下げるための資料収集、整理、分析、さらには論文作成についての基礎的な考え方や方法を学んでいきます。「キリスト教学入門講義」では、キリスト教学を学ぶための土台となる、聖書とキリスト教史についての基礎知識を習得します。キリスト教が影響を与え、与えられた、文化・思想・芸術を学ぶ。 キリスト教学科人類の社会と文化は、宗教を抜きに考えることはできません。中でもヨーロッパに根づいたキリスト教は、その地に成立した近代社会と共に、ヨーロッパを超えてさまざまな形で現代世界の形成に深くかかわってきました。今日、キリスト教徒は世界人口の約3分の1に達するといわれます。キリスト教学科では、そうしたキリスト教を中心にすえ、宗教の歴史的展開を批判的に跡づけし、宗教思想や宗教に直接かかわる文化を多角的に学んでいきます。信仰やキリスト教経験の有無は問いません。4年間の学びを通して人類の社会と文化を深く洞察し、世界をより良く理解するための基本的教養と国際的感性を身につけます。文学部 ■ COLLEGE OF ARTS身につく力キリスト教と社会の関連性を見通す洞察力異文化理解から得られる国際的・歴史的感性原典・外国語のテクストを綿密に読解する能力46

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る