立教大学 大学案内2019
45/196

1993年イスタンブル工科大学建築学部建築学科卒。米国MITアガハーン・イスラーム建築プログラム研究員、東京外国語大学助教を経て、2009年に本学着任。専門はイスラーム建築史・文化史、トルコ文化論。■超域文化学講義11 (イスラーム複合社会史1)■専門基礎13 (アジア・アフリカ系言語3 トルコ語)■フィールドワークI1 など担当講義PROFILE 私の専門は、建築文化論およびイスラーム地域研究です。13~20世紀に存在したオスマン帝国では、イスラーム教徒だけでなく、キリスト教徒やユダヤ教徒など、異なる宗教や文化をもつ人々が連携し、共生していました。この歴史はオスマン建築の様式にも現れています。たとえば、イスラームとキリスト教は異なる宗教ですが、モスクや教会堂には両者共通の様式が用いられた時代があり、キリスト教徒の建築家がモスクを建設したこともありました。歴史を考察すると、2つの宗教が平和に共存した時代が長くあったことがわかります。このことは、対立が取りざたされる現代社会を生きる私たちに、知恵と勇気を与えてくれます。 歴史的建造物をとおして、その背景にある人間社会を読み解く。その上で現在と未来の人間社会について思いをめぐらす。それが私の研究の醍醐味だと考えています。PICK UP RESEARCH研究紹介過去を紐解き、人の“今”と“未来”を考える文学部 史学科 超域文化学専修 教授山下 王世学部Webサイト:www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/arts/デジタルパンフレット:www.rikkyo.ac.jp/admissions/brochure/45

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る