立教大学 大学案内2018
44/196

文学部College of Arts文学科 ドイツ文学専修文学、哲学、音楽、テクノロジーまでドイツ語圏の文化を幅広く研究。ドイツ文学専修では、ドイツ語という言語に親しむだけでなく、ドイツ語圏の文化のあらゆる事項を探求していきます。たとえばウィーンの音楽や、ドイツ語圏の偉大な詩人・作家であるゲーテもその対象です。またドイツの中世都市と建築、ナチスとその負の遺産、さらにはスポーツや身体文化、デザイン、環境問題への取り組みなど、研究する分野は多岐にわたり、これらの多様な領域から自分のテーマを見つけて論述できるようになるための演習も豊富です。そして、非西洋文化圏にある日本の視点からドイツ文化を考察するとともに、明治以来の日本の近代化に大きな影響を与えたドイツ文化と日本文化の関係も学んでいきます。 1年次から集中的に文法・会話の授業があるので、かなり早い段階でドイツ語に慣れ、作文能力が身につけられます。多くの文献を原語で取り扱って発表をするゼミもあるため、読解力が鍛えられました。英語や日本語に翻訳される前のヨーロッパの情報も、ネットニュースでいち早く入手できるようになり、自国の外側に向ける視野が広くなったように思います。昨年は留学も経験。言語学の講義に参加しながら、現地の学生として生活を送ることで、ドイツ語にも自信がついてきました。今後は、検定試験の上級に取り組み、成果を出していきたいと考えています。他国の言語を学ぶことで、視野が広がります学生の声4年次 藤原 匠/東京都 竹早高等学校日本・ドイツ双方の視点と考察力ドイツ語検定を視野に入れた高度なドイツ語力メディアのドイツ語を中心とした情報収集能力目指せる資格中学校教員免許、高等学校教員免許 ▲詳しくはP.144へ身につく力044

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る