立教大学 大学案内2018
38/196

文学部College of Artsキリスト教学科 以前から西洋の哲学などに興味があり、キリスト教学科を志望しました。この学科の良い点は、「キリスト教」という大きな宗教文化を媒介にして、古今東西のあらゆる文化を学べるところです。私はキリスト教学科で学び進んでゆくうちに、さまざまな物事の「本質」を考えようとする力がついたと感じています。その物事が「いったい何が原因で起きているのか」、「いま何が必要とされているのか」、常に基底に目を向け、考えられるようになりました。現在は、「愛の実践」をテーマにした卒業論文を制作中。大学最後の研究ということで、とても力を入れています。物事の“本質”を考えようとする力がつきました学生の声4年次鈴木海乃/千葉県麗澤高等学校キリスト教が影響を与え、与えられた、文化・思想・芸術を学ぶ。人類の社会と文化は、宗教を抜きに考えることはできません。中でもヨーロッパに根づいたキリスト教は、その地に成立した近代社会と共に、ヨーロッパを超えてさまざまな形で現代世界の形成に深く関わってきました。今日、キリスト教徒は世界人口の約3分の1に達するといわれます。キリスト教学科では、そうしたキリスト教を中心にすえ、宗教の歴史的展開を批判的に跡づけし、宗教思想や宗教に直接関わる文化を多角的に学んでいきます。信仰やキリスト教経験の有無は問いません。4年間の学びを通して人類の社会と文化を深く洞察し、世界をより良く理解するための基本的教養と国際的感性を身につけます。キリスト教と社会の関連性を見通す洞察力異文化理解から得られる国際的・歴史的感性原典・外国語のテクストを綿密に読解する能力目指せる資格中学校教員免許、高等学校教員免許 ▲詳しくはP.144へ身につく力038

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る