立教大学 大学案内2018
30/196

●サークル活動正課外活動100人以上のメンバーを擁するサッカーサークルに所属。好きなスポーツを一緒に楽しむことを通して、国や言葉の壁を感じることなく、学部や趣味、考え方の異なるさまざまな友人をつくることができた。サッカーを通じて幅広い人間関係を形成社会学の基本をその歴史と共に学んだ●社会学原論2専門科目ライティングとプレゼンの繰り返しで語学の成長を実感●日本語基礎2言語系科目導入期形成期グローバル化が進む現代における人間の「帰属意識」について考察する授業。自分が「日本社会における少数民族」であることを再認識し、その中でどのような民族性を大事にするべきか、あらためて考えさせられた。自分の現状を学問的に客観視●エスニシティ論専門科目●震災のフィールドワーク専門科目被災地に足を運んで質的調査の力を実感実際に東日本大震災の被災地を訪問し、被災者にインタビューを実施。データではなく、人間一人ひとりと向き合う質的調査を通じて、メディアでは語られない震災の真実を知り、社会学の重要性を感じた。社会学の方法論で“多文化共生”のよりよい形を追究する●ゼミ活動専門科目完成期START社会学を中心に、多様な文化と学びに触れるLearning Stylecase5メディア社会学に興味をもったことをきっかけに、本学科を志望。社会学部の自由度の高いカリキュラムを履修する中で、エスニシティや多文化社会についての研究にひかれるように。大学の外国人留学生に対する手厚いサポートに感銘を受け、将来は自らも大学職員になって、留学生をサポートする立場になることも視野に入れている。韓国・仁川 仁川富光高等学校Vision郭クァク彰チャン煕ヒ社会学部 メディア社会学科2年次030

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る