立教大学 大学案内2018
29/196

語学を磨き、見識を広げる海外大学での学び夏休みや春休みに行われる語学研修、半期・1年間を海外の大学で学ぶ留学プログラム、大学間協定による派遣留学など、留学・海外研修制度を多彩に展開しています。▲P.130にも関連情報があります。留学プログラムすべての立教生を対象とした、世界に通用する教養人を育成する教育プログラムです。外国語を使って、専門性のある知識を応用するスキルを身につけます。また、自分の主張を伝えることはもちろん、他者の主張を理解して、共に最適な答えを探す姿勢も養います。主張を伝えながら、他者の意見も理解し、一緒に最適な答えを導き出すグローバル教養副専攻Arts & Science Course「多彩な学び」科目群を中心に、言語系科目と、海外体験により構成するコースです。Language & CultureCourse言語系科目を中心に、海外体験などとともに構成するコースです。英語を中心としたテーマと、初習言語を中心としたテーマを用意しています。学部や研究機関が提供する科目を中心に構成するコースです。Discipline Course(2018年度新設)グローバル教養副専攻のコース選択コースは、「Arts & Science Course」「Language & Culture Course」「Discipline Course」の3つがあり、「Arts & Science Course」「Language & Culture Course」の2コースは、2016年に開設しました。学部、学内諸機関が提供する科目を中心に構成する「Discipline Course」は、2018年度に開設します。グローバル教養副専攻の修了要件修了には大学が認定する海外体験を行い、テーマによって定められた系列ごとの単位数を履修して、総計26単位(Discipline Courseは16単位)を修得することが必要です。副専攻で取得した単位は、卒業要件に算入できます。修了すると、卒業時に大学から修了証が発行されます。第1系列(日本発信科目)日本について学ぶ科目群です。外国語で行われる科目もあります。理解を深め、「自己理解」「異文化との相互敬意」を養います。第2系列(基幹科目)全学共通科目「多彩な学び」や専門教育科目から選択できます。外国語を中心としたテーマでは、該当言語圏の科目が該当します。第3系列(言語力科目)実地で異文化との接触を経験するために、外国語での受・発信力を磨く科目群です。該当する外国語の自由科目が当てはまります。海外体験大学の正課科目や派遣留学が対象となります。事前審査により、正課外プログラムや自ら企画した課外活動も対象にできます。派遣留学立教大学が国際交流協定を結ぶ約140の海外の大学へ派遣留学が可能。基本的に派遣先大学の学費は免除されます。学部等が主催する海外プログラム専門分野の学びを深める目的として、主に夏休みや春休みに実施。単位が認定されるプログラムもあります。その他の留学プログラム短期語学研修プログラム、海外インターンシップやサービスラーニング、国際交流プログラムなど多数用意しています。留学プログラムの種類ヨーロッパ校71アジア校52オセアニア校15北米校71中南米校2留学できる大学校211(2017年3月現在)で注目のプログラムcase4カリキュラム029

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る