立教大学 大学案内2017
29/192

〈特色ある科目紹介〉F科目:外国語による日本研究科目日本の歴史、政治、社会、文化・文学などを外国語(主に英語)で学ぶ演習方式の授業で、外国人留学生と日本人学生が外国語を用いて議論することで、外国人留学生は日本についての知識を身につけ、日本人学生は日本のことを外国語で発信できるようになります。J科目: 日本関連科目日本語で日本のことを深く学びます。日本の文化・社会・自然などについて改めて学び直すことで、グローバル教養人にふさわしい自国についての知識を身につけます。将来的には会計に関わる仕事を考えており、経済学部に進学し、金融市場を中心に学んでいる。一方で幼少期からピアノを演奏することが好きだったこともあり、この機会に音楽についても体系的に学びたいと考え、ウィーンへの留学を計画している。(経済学部 会計ファイナンス学科)音楽留学を目指して学生モデルケース 1Arts & Science Course第1系列(日本発信科目)2単位以上 第2系列(基幹科目)14単位以上第3系列(言語力科目)4単位以上海外体験単位修得は条件としない●日本の音楽外国で発信すべく日本文化への理解を深める●音楽の歴史●音楽と社会●キリスト教音楽●表象文化●舞踊論テーマ Global Art Experience 指定の科目のうち、 海外音楽体験に直接役立ちそうな科目を選択●ドイツ語圏の文化●音楽論演習その他の科目から関係ありそうなものを選択●上級ドイツ語コミュニケーション1●上級ドイツ語コミュニケーション2海外体験時のセミナーは通訳付きだが、ドイツ語もしっかり勉強するために選択●ウィーン国立音楽大学夏期セミナー(ピアノコース)3年次の夏休みに夏のオーストリア音楽研修へ参加私は圧政に苦しむ世界各地の人々を取材し、活字や映像等のメディアを通して弱者の声を世界中に届ける国際ジャーナリストになりたい。そのために、世界中で起こっていることをリアルタイムで理解し、英語で議論できるスキルを習得したいと考えている。(社会学部 メディア社会学科)国際ジャーナリストを目指して学生モデルケース 2Language & Culture Course海外体験単位修得は条件としない●英語海外文化研修夏季休業期間中にアメリカでの家庭生活と大学生活を体験し、英語によるコミュニケーション能力を伸ばす第1系列(日本発信科目)2単位以上 ●Politics & Economy政治学と経済学の基礎を英語で学習する●Japan in Asiaアジアにおける日本の地政学的位置づけを英語で学ぶ第2系列(基幹科目)第3系列と合わせて24単位以上●Discussion少人数クラスで密度の高い討論を英語で行う●English Intensive(Global World)グローバルな世界のさまざまな話題を英語で学ぶ第3系列(言語力科目)6単位以上●Current English時事問題や国際情勢などのアクチュアルなテーマを英語で議論する●University Lecture大学生の水準に相応しいテーマと内容を英語で学ぶ海外へ興味をもったきっかけは、大学入学後に文化の違いに悩む留学生から相談を受けたことでした。それ以来、海外に留学することを目標に、3年間大学で英語の勉強を続け、4年生の時に約1年間オーストラリアへ留学しました。留学中、最初は学校に通って英語を学び、その後は資格をとって観光地のホテルで働きました。これらは、語学を学ぶ以外のことも経験したいという思いから、自ら情報収集し、計画を立てて行ったものです。オーストラリアには様々な人種の人たちが暮らしています。また、働いたホテルには幅広い年齢の方々が集うため、留学期間を通じて、様々な人に出会うことができました。年齢や人種に関係なく、対等な人間関係が存在することを身をもって体験できたことは、とても印象的でした。大学は、あらゆるところに学びのきっかけがあり、さらに、興味をもち、自ら行動することができれば、より多くのことを学ぶことができると思います。たくさんの人と出会い、様々な価値観に触れることができたこの海外留学は、私を大きく成長させてくれたのではないかと思っています。自ら企画した海外留学で得た対等な人間関係の意義学生体験談長島朱花コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科 4年埼玉県 浦和第一女子高等学校出身テーマ「Global Art Experience」を選択した場合テーマ「World Issues in English」を選択した場合029カリキュラム

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です