立教大学 大学案内2018
28/196

形成期導入期導入期社会にとって“善”となるようなビジネスのあり方を模索●グッドビジネス専門科目約1カ月間、英語で経営学の授業を受講した。日本と海外を比較しても「経営学」として学ぶ内容に大差がないことを知り、「正しい学問的な知識は世界の共通言語になる」という大きな気づきを得ることができた。オーストラリアに留学現地で経営学を履修●Over Seas EAP留学プログラム形成期試験対策を通して高度な読解力と速読力を身につけた●TOEFL2言語系科目留学生と共にビジネスプランの立案・プレゼン実践●ESP専門科目完成期●グッド・ビジネス・セミナー専門科目毎回、有名企業の社長や重役の方々が、代わるがわるゲスト講師を務める授業。これまで学問として吸収してきた知識や理論が、現場ではどのように生かされているのかを知る、格好の機会だった。第一線で活躍するゲストに経験則を学ぶ約5カ月間、フランスのビジネススクールに留学。世界各国から集まった学生とのディスカッションでは、チームのまとめ役を率先して担当。どんな場でも物怖じせずに、リーダーシップを発揮する力を養えた。自分の役割を見つけてリーダーシップを発揮●学部間交換留学留学プログラムSTART留学を通して、世界で通用する経営を学ぶLearning Stylecase4「国際感覚とリーダーシップを兼ね備えた人間になりたい」という志望をもって本学科に入学。「語学」と「経営」の2軸を学びの中心にすえて、留学もはさみながら、実践的な学びを重視して授業を選択した。卒業後は、世界を舞台にさまざまなビジネスを手掛ける大手総合商社に就職し、大学で学んだ知識と経験を存分に生かす予定。埼玉県 立教新座高等学校/内定企業:伊藤忠商事株式会社Vision宮嵜勇希経営学部 国際経営学科4年次028

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る