立教大学 大学案内2017
2/192

立教の柱が、 あなたの柱になるように。立教大学の前身は、1874年、アメリカ聖公会から派遣された宣教師チャニング・ムーア・ウィリアムズが設立した「立教学校St.Paul’s School」です。職業教育など実学中心のエリート教育が重視されていた時代において、英語で聖書を学ぶことを中心に、普遍的な価値観としてのキリスト教と英学に代表される実際的な知識の両方を身につける立教学校は、日本における近代教育のさきがけとなりました。西欧の伝統的リベラルアーツカレッジをモデルにした立教の教育の中心は「キリスト教に基づく教育」です。これは、全学部共通の教養科目や各学部の科目はもとより、礼拝、キャンプ、講演会、セミナーなど、全学生に提供されるさまざまなプログラムを通して実践されています。立教大学の使命は、単に競争社会で自らの能力を誇るような人間ではなく、人間の一生において欠くことのできない大切なものとは何かを探求し、すべての生命が尊ばれる社会の実現のために奉仕する人材を育てること。それは「道を伝えて己を伝えず」と評された創立者ウィリアムズの謙虚でひたむきな生涯を模範とした教育理念、キリスト教に基づいた人間観の具現化といえます。教育理念

元のページ 

page 2

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です