立教大学 大学案内2019
155/196

Facebookアプリを活用した「Rikkyo Career Link」は、キャリアをテーマに立教生がOB・OGとの交流を図る立教独自のネットワークです。仕事内容や働きがいなど、社会に出て働くことへの理解を深めることが期待されます。卒業生とのネットワーク■Rikkyo Career Linkキャリアセンターにある専用パソコンから、卒業生の就職情報や連絡先を知ることができます。業種や企業名で検索できるのでOB・OG訪問の際に役立ち、直接話を聞く機会を得ることができます。■卒業生名簿検索PC■グローバル企業勉強会詳しくは、P.152■学内OB・OG訪問会詳しくは、P.152 起業や経営学への興味を軸に大学選びをし、BLPなど先進的なカリキュラムが魅力で立教大学に入学しました。在学中は「ランチパック®」の立教オリジナル味の企画開発や、テーマパーク事業を展開する企業と連携した新規ビジネス提案など、さまざまな体験をしました。就職活動を始めてからは志望する企業を迷っていた時期もありましたが、そんな時、立教大学卒業生のネットワークは有意義でした。学生から見ると、業務内容がわかりにくい業界もありましたので、第一線で働くOB から話を聞いて具体的なイメージが湧いたことを覚えています。立教大学のビジネスプログラムを通じて企画を立て実行する楽しさを体感していたので、最終的に、手と足を動かせる商社が自分に合っていると思うに至り、三菱商事に入社しました。 現在は、ごまの輸入業務をしています。三菱商事は日本のマーケットで高いシェアを占めており、担当商品を売場で見かけると嬉しさがこみあげます。アフリカや南米への出張が多く、1日以上かけて車で栽培地まで移動するなど、まさにタフさが求められます。また、お客様によっては価格のロジックだけでは交渉が成立しないこともあり、人間関係の構築が大切です。気持ちの面でのタフさも要求されるビジネスの奥深さを感じながら、奮闘する日々です。 立教は学びの選択肢が豊富で、学びたいことを学べる環境が整っています。私は学生時代、英語やスペイン語など語学の修得に加え、f-Campusを利用して早稲田大学の文化人類学の講義を受講したり、学部の海外プログラムでワシントン大学に留学するなど貪欲に学びを追求しました。学生生活で得た「あなたの常識は世界の常識ではない」という考え方は、今の仕事にも生きる土台となっています。海外とかかわる仕事がしたいと考え就職活動を進めていた中、学部向けのグローバル企業説明会で、それまでなじみの薄かった海運業という業種や、業界最大手である日本郵船の「世界を舞台にグローバルなスタッフ達と協働して、貨物を安全確実に輸送する」という仕事内容を知り、「ここで自分の能力を発揮したい」と強く思い入社を決めました。 現在は中国や欧州エリアに鉄鉱石や石炭を運ぶ船の運航オペレーターを担当しています。世界中の人々と仕事をするのが当たり前の環境で、世界情勢やその土地の文化・慣習を考慮しながら業務を進める大変さはありますが、同時にやりがいもあります。今後はさらに仕事の幅を広げ、運航以外の業務や海外オフィスに勤務することなども視野に入れて経験を積む毎日です。水野毅2013年 三菱商事株式会社に就職経営学部 国際経営学科 卒業考え抜き、自らの足で稼ぐ日々、ロジックとパッションの大切さを知る加藤友理2014年 日本郵船株式会社に就職異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科 卒業海運を通じて、世界中の人や国とつながるキャリア・就職支援キャリア・就職支援155

元のページ  ../index.html#155

このブックを見る