立教大学 大学案内2017
146/192

1・23年次年次インターンシップとは、企業や官公庁などで就業体験をするプログラムです。インターンシップの参加は進路を考えるためにはもちろんのこと、就職活動の疑似体験としても有効です。具体的には、「実際に仕事を体験し、社会人に出会うことで働くことをイメージする」「業界・企業を知ることによって、社会や経済の仕組みを理解する」などの学びと気づきなどが期待できます。自分で実習先を探し、企業に直接応募するケースが一般的ですが、本学には独自の立教型インターンシップがあり、2015年度は夏季休業期間中に1~2週間程度、55社、4自治体、10団体に144名の学生が参加しました。また、社会を知る講座やES対策講座・面接体験講座などの各種準備講座を開催したり、事前・事後研修などのプログラムを実施し、学生の成長を促します。[立教型インターンシップスケジュール]5月中旬 ………………………… インターンシップ説明会(全3回)6月中旬 ………………………… 応募(『志望理由書』提出)面接・実習先決定7月下旬〜8月上旬 ……… 事前研修(目標設定、マナー研修)8月上旬〜9月下旬 ……… インターンシップ実習9月下旬 ………………………… 事後研修立教型インターンシップ■ 理系向け就職ガイダンス■ 理系向け内定者懇談会■ 理系向けシゴト研究会■ 理系向け合同企業説明会■ 留学と就職ガイダンス■ 立教型インターンシップ■ インターンシップ準備講座 ES対策■ インターンシップ準備講座 面接体験■ インターンシップ準備講座 グループディスカッション体験■ スタディツアー■ 社会を知る講座 仕事内容・働き方編■ 社会を知る講座 社会動向・業界構造編■ 社会を知る講座 プロジェクトストーリー編■ 男女共生支援プログラム就職活動準備期自分自身の生き方・将来について考え行動する時期■ キャリア・就職相談(常時)■ 個人相談(常時)スタディツアーグループディスカッション体験講座■ 新入生対象学部ウェルカムアワー ウェルカムキャンプ公務員をめざす学生のために、「公務員ガイダンス」をはじめ、「公務員合格者体験談」「官庁訪問対策プログラム」など、公務員試験の特性に応じた内容を展開しています。マーケティングの専門家による社会動向や業界構造の解説に始まり、企業の実務担当者を招いてのパネルディスカッション、エネルギーや水ビジネスなどのキーワードから巨大プロジェクトをさまざまな切り口で解説する講義など、社会やビジネスがどのようにして成り立っているのかを学べるキャリア支援講座です。業界を代表する企業の人事採用担当者を講師としてお招きします。各業界がどのようなビジネスを通じて利益を生み出しているのか、その業界ではどんな仕事ができるのかなど、業界について幅広く理解するきっかけとなるセミナーです。食品、IT・情報通信銀行、自動車商社、繊維・ファッション電機、旅行・ホテル など社会を知る講座業界研究セミナー公務員プログラムキャリア・就職支援■ 公務員ガイダンス■ 公務員面接対策講座■ シゴト研究会 公務員編■ 公務員官庁訪問対策講座■ 公務員合格者体験談■ 教職ガイダンス146

元のページ 

page 146

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です