立教大学 大学案内2017
143/192

経済学部 会計ファイナンス学科公認会計士試験合格(在学3年次)東京都 香蘭女学校出身高校生のときに立教の大学案内を見て、会計ファイナンス学科という珍しい名称に興味をもちました。会計って何だろうという単純な疑問から調べはじめ、先生や両親に話を聞き、公認会計士という職業を知りました。まず、簿記からはじめてみたところ勉強が楽しく、2級に合格。そのまま会計士をめざしたいと考えて立教に入学し、同時にダブルスクールに通って、資格取得の勉強をはじめました。そこで驚いたのは科目数が多かったことです。特に企業法や監査論など理論科目が大量で、自分にこなせるのか不安になりました。でも同じ目標をもつ仲間のおかげで、大変なときも思いを分かち合えて、モチベーションを保つことができました。2年次は資格試験が近づくため、大学の授業を減らして資格取得を優先。立教大学は、1年間の取得単位数が少なくても留年することなく4年まで上がれる教育システムなので、単位数を調整することができ助かりました。また、1年次の4月に簿記認定試験があり、受かれば必修科目の簿記を履修しなくても単位取得できるという制度も役立ちました。サークルは広告研究会に所属し、海の家の経営やミス・ミスターコンテストの主催などを経験。仲間と過ごす時間は楽しく、息抜きにもなり、長い勉強生活を乗り越える一助になったと思います。将来は、公認会計士の資格を活かし、さまざまな企業を監査する仕事に就いて社会に貢献したいです。中澤若奈小学校時代の恩師への憧れから、「自分も子どもたちに信頼されるような先生になりたい」と思い、教育学科に入学しました。1、2年で学校教育についての幅広い知識や教養を学び、教職への思いは一層強まりました。3年次以降は初等教育学を専攻。小学校教諭になるためのより専門的・実践的な学びを深めました。教育学科の先生はおもしろく親切で、授業がとても楽しかったです。学科には教員以外をめざしている学生もいて、自分と異なる視点をもった友人との交流が大きな刺激になり、どのような教員になりたいのか見つめ直すきっかけにもなりました。4年次は採用試験に向けて勉強に集中し、試験の数カ月前からは図書館で一日中勉強しました。途中、うまくいくか不安に感じることもありましたが、教職をめざす仲間に支えられて無事に合格することができ、今は感謝の気持ちでいっぱいです。免許取得に必要な介護等体験や教育実習に向けてサポートしてくださった学校・社会教育講座の方々、多くの相談にのっていただいた先生方のおかげで、安心して勉強に打ち込むことができたと思います。軟式野球サークルや立教小学校の学習支援スタッフの活動もあり、大学4年間はとても濃密でした。すべての経験や人との出会いが自分を成長させてくれたと思います。卒業後は地元の富山県で小学校教員に就くことが決まりました。大学での学びを活かし、子どもたちから信頼される先生をめざし努力していきます。文学部 教育学科小学校教諭1種免許取得富山県 富山高等学校出身雨宮直弘立教の柔軟な教育システムで効率よく勉強できました大学での学びと経験を活かし子どもから信頼される先生に143資格取得支援キャリア・就職支援

元のページ 

page 143

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です